読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本とは何ぞや?

Y染色体の研究をもとに独自視点で想像を膨らませます。

Y染色体ハプログループO(日本人のみ)

目次

【O】

日本人1568/2923=53.64%*1
[内訳]アイヌ0/16=0%*2、北海道266/508=52.36%*3、本州757/1408=53.76%*4、四国214/388=55.15%*5、九州287/506=56.72%*6、沖縄17/45=37.78%*7
[ハプログループでの内訳]
O1b2集団が日本人Oの59.64%、O2a2集団が同24.18%、O2a1c集団が同9.06%で、この3集団で日本のOの92.88%以上を占めている。

【O1】

日本人1004/2923=34.35%*8
[内訳]アイヌ0/16=0%*9、北海道164/508=32.28%*10、本州483/1408=34.3%以上*11、四国145/388=37.37%*12、九州180/506=35.57%*13、沖縄10/45=22.22%*14

【O1a】

日本人39/2923=1.33%*15
[内訳]アイヌ0/16=0%*16、北海道6/508=1.18%*17、本州20/1408=1.42%*18、四国7/388=1.8%*19、九州4/506=0.79%*20、沖縄0/45=0%*21
O1a1
日本人0/23=0%*22
・O1a1a→日本人0/23=0%*23
・O1a1b→日本人0/23=0%*24
・・O1a1b1→日本人0/286=0%*25
・・O1a1b2→日本人0/23=0%*26
O1a2
日本人0/286=0%*27

【O1b】

日本人965/2923=33.01%*28
[内訳]アイヌ0/16=0%*29、北海道158/508=31.1%*30、本州463/1408=32.88%以上*31、四国138/388=35.57%*32、九州176/506=34.78%*33、沖縄10/45=22.22%*34
O1b1
日本人32/2653=1.21%*35
[内訳]北海道5/508=0.98%*36、本州15/1326=1.13%*37、四国8/388=2.06%*38、九州3/402=0.75%*39
・O1b1a→日本人32/2653=1.21%*40
・・O1b1a1→日本人32/2653=1.21%*41
・・・O1b1a1a→日本人32/2676=1.2%*42
・・・・O1b1a1a1→日本人0/23=0%*43
・・・・・O1b1a1a1a→日本人0/23=0%*44
・・・・・・O1b1a1a1a1→日本人0/23=0%*45
・・・・・・・O1b1a1a1a1a→日本人0/289=0%*46
・・・・・・・O1b1a1a1a1b→日本人0/23=0%*47
・・・・・・O1b1a1a1a2→日本人0/23=0%*48
・・・・・O1b1a1a1b→日本人0/23=0%*49
・・・・O1b1a1a2→日本人0/23=0%*50
・・・・O1b1a1a3→日本人0/23=0%*51
・・・O1b1a1b→日本人0/2653=0%*52
・・O1b1a2→日本人0/2653=0%*53
O1b2
日本人856/2676=31.99%以上*54
[内訳]北海道153/508=30.12%*55、本州417/1326=31.45%*56、四国130/388=33.51%*57、九州138/402=34.33%*58
・O1b2a→日本人613/2653=23.11%以上*59
・・O1b2a1→日本人584/2653=22.01%以上*60
・・・O1b2a1a→日本人584/2653=22.01%以上*61
・・・・O1b2a1a1→日本人584/2653=22.01%*62
・・・・O1b2a1a2
・・・・O1b2a1a3
・・・O1b2a1b
・・O1b2a2

【O2】

日本人564/2923=19.3%*63
[内訳]アイヌ0/16=0%*64、北海道102/508=20.08%*65、本州274/1408=19.46%以上*66、四国69/388=17.78%*67、九州107/506=21.15%*68、沖縄7/45=15.56%*69

【O2a】

日本人477/2676=17.83%*70
[内訳]北海道95/508=18.7%*71、本州238/1326=17.95%*72、四国66/388=17.01%*73、九州76/402=18.91%*74
O2a1
日本人129/2653=4.86%*75
[内訳]北海道22/508=4.33%*76、本州70/1326=5.28%*77、四国16/388=4.12%*78、九州21/402=5.22%*79
・O2a1a→日本人0/2390=0%*80
・・O2a1a1→日本人0/2390=0%*81
・・・O2a1a1a→日本人0/2390=0%*82
・・・・O2a1a1a1→日本人0/2653=0%*83
・・・O2a1a1b→日本人0/2390=0%*84
・・・O2a1a1c→日本人0/2390=0%*85
・・O2a1a2→日本人0/2390=0%*86
・O2a1b→日本人0/2653=0%*87
・O2a1c→日本人129/2653=4.86%*88
O2a2
日本人348/2676=13%*89
[内訳]北海道73/508=14.37%*90、本州168/1326=12.67%*91、四国50/388=12.89%*92、九州55/402=13.68%*93
・O2a2a
・・O2a2a1
・・・O2a2a1a
・・・・O2a2a1a1
・・・・O2a2a1a2→日本人0/263=0%*94
・・・O2a2a1b
・・O2a2a2
・O2a2b→日本人247/2676=9.23%以上*95
・・O2a2b1→日本人247/2676=9.23%*96
・・・O2a2b1a→日本人11/263=4.18%*97
・・・・O2a2b1a1→日本人11/263=4.18%*98
・・・・O2a2b1a2
・・O2a2b2
O2a3
O2a4

【O2b】

日本人36/2390=1.51%
[内訳]北海道7/508=1.38%*99、本州20/1092=1.83%*100、四国3/388=0.77%*101、九州6/402=1.49%*102

*1:以下地域民族別とSengupta S2006の日本人13/23=56.52%、Nonaka2007のその他14/29=48.28%を含む。Sengupta S2006は下記論文。以下Sengupta S2006と言います。Sanghamitra Sengupta,Lev A.Zhivotovsky,Roy King,S.Q.Mehdi,Christopher A.Edmonds,Cheryl-Emiliane T.Chow,Alice A.Lin,Mitashree Mitra,Samir K.Sil,A.Ramesh,M.V.Usha Rani,Chitra M.Thakur,L.Luca Cavalli-Sforza,Partha P.Majumder,Peter A. Underhill"Polarity and Temporality of High-Resolution Y-Chromosome Distributions in India Identify Both Indigenous and Exogenous Expansions and Reveal Minor Genetic Influence of Central Asian Pastoralists"http://www.cell.com/ajhg/fulltext/S0002-9297(07)62353-2 Nonaka2007は下記論文。当該論文は今後もNonaka2007と言います。日本人263人のハプログループ分類、次いで日本人263人のうち、 関東地方137人(東京都51人+千葉県45人+神奈川県14人+埼玉県13人+茨城県5人+栃木県5人+群馬県4人)、本州西部97人(長野県11人+富山県3人+岐阜県2人+石川県4人+滋賀県1人+京都府2人+大阪府2人+山梨県2人+静岡県12人+愛知県6人+三重県4人+和歌山県5人+兵庫県5人+鳥取県2人+岡山県6人+広島県3人+島根県3人+山口県2人+香川県4人+高知県1人+愛媛県4人+大分県3人+福岡県4人+熊本県3人+佐賀県2人+長崎県1人)を抜き出してハプログループ分類をしている。その他(北海道3人+沖縄県1人+青森県3人+秋田県3人+宮城県7人+新潟県6人+福島県6人)として29人もあえて抽出する。I.Nonaka,K.Minaguchi,N.Takezaki"Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms"http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full

*2:Tajima2004。Tajima2004は下記論文参照。当該論文を今後Tajima2004と言います。Atsushi Tajima,Masanori Hayami,Katsushi Tokunaga,Takeo Juji,Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki,Keiichi Omoto and Satoshi Horai"Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" http://www.nature.com/jhg/journal/v49/n4/full/jhg200432a.html

*3:Sato2014によれば札幌市の学生162/302=53.64%・成人104/206=50.49%。Sato2014は下記論文参照。当該論文を今後Sato2014と言います。YOUICHI SATO,TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS,AIKO YAMAUCHI,TERUAKI IWAMOTO,YUTAKA NAKAHORI"Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males" https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase/122/3/122_140709/_html

*4:Sato2014によれば金沢市の学生163/298=54.7%・成人123/232=53.02%・川崎市学生171/321=53.27%・大阪市成人127/241=52.7%、Nonaka2007によれば関東63/137=45.99%・本州西部63/97=64.95%、Tajima2004によれば本州47/82=57.32%

*5:Sato2014によれば徳島市学生214/388=55.15%

*6:Sato2014によれば長崎市学生176/300=58.67%・福岡市成人49/102=48.04%、Tajima2004によれば九州62/104=59.62%

*7:Tajima2004

*8:以下地域民族別とSengupta S2006の日本人8/23=34.78%、Nonaka2007のその他14/29=48.28%を含む

*9:Tajima2004

*10:Sato2014によれば札幌市の学生101/302=33.44%・成人63/206=30.58%

*11:Sato2014によれば金沢市の学生108/298=36.24%・成人72/232=31.03%・川崎市学生114/321=35.51%・大阪市成人73/241=30.29%、Nonaka2007によれば関東45/137=32.85%・本州西部40/97=41.24%、Tajima2004によれば本州31/82=37.8%

*12:Sato2014によれば徳島市学生145/388=37.37%

*13:Sato2014によれば長崎市学生105/300=35%・福岡市成人38/102=37.25%、Tajima2004によれば九州37/104=35.58%

*14:Tajima2004

*15:以下地域民族別とSengupta S2006の日本人0/23=0%、Nonaka2007のその他2/29=6.9%を含む

*16:Tajima2004

*17:Sato2014によれば札幌市の学生4/302=1.32%・成人2/206=0.97%

*18:Sato2014によれば金沢市の学生0/298=0%・成人7/232=3.02%・川崎市学生3/321=0.93%・大阪市成人3/241=1.24%、Nonaka2007によれば関東3/137=2.19%・本州西部4/97=4.12%%、Tajima2004によれば本州0/82=0%

*19:Sato2014によれば徳島市学生7/388=1.8%

*20:Sato2014によれば長崎市学生0/300=0%・福岡市成人2/102=1.96%、Tajima2004によれば九州2/104=1.92%

*21:Tajima2004

*22:Sengupta S2006

*23:Sengupta S2006

*24:Sengupta S2006

*25:Sengupta S2006によれば日本人0/23=0%、Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97・その他0/29

*26:Sengupta S2006

*27:Sengupta S2006によれば日本人0/23=0%、Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97・その他0/29

*28:以下地域民族別とSengupta S2006の日本人8/23=34.78%、Nonaka2007のその他12/29=41.38%を含む

*29:Tajima2004

*30:Sato2014によれば札幌市の学生97/302=32.12%・成人61/206=29.61%

*31:Sato2014によれば金沢市の学生108/298=36.24%・成人65/232=28.02%・川崎市学生111/321=34.58%・大阪市成人70/241=29.05%、Nonaka2007によれば関東42/137=30.66%・本州西部36/97=37.11%、Tajima2004によれば本州31/82=37.8%

*32:Sato2014によれば徳島市学生138/388=35.57%

*33:Sato2014によれば長崎市学生105/300=35%・福岡市成人36/102=35.29%、Tajima2004によれば九州35/104=33.65%

*34:Tajima2004

*35:下記内訳とNonaka2007のその他1/29=3.45%を含む

*36:Sato2014によれば札幌市の学生1/302=0.33%・成人4/206=1.94%

*37:Sato2014によれば金沢市の学生11/298=3.69%・成人0/232=0%・川崎市学生1/321=0.31%・大阪市成人2/241=0.83%、Nonaka2007によれば関東0/137=0%・本州西部1/97=1.03%

*38:Sato2014によれば徳島市学生8/388=2.06%

*39:Sato2014によれば長崎市学生3/300=1%・福岡市成人0/102=0%

*40:北海道5/508=0.98%(Sato2014によれば札幌市の学生1/302=0.33%・成人4/206=1.94%)、本州15/1326=1.13%(Sato2014によれば金沢市の学生11/298=3.69%・成人0/232=0%・川崎市学生1/321=0.31%・大阪市成人2/241=0.83%、Nonaka2007によれば関東0/137=0%・本州西部1/97=1.03%)、四国8/388=2.06%(Sato2014によれば徳島市学生8/388=2.06%)、九州3/402=0.75%(Sato2014によれば長崎市学生3/300=1%・福岡市成人0/102=0%)と、Nonaka2007のその他1/29=3.45%を含む

*41:北海道5/508=0.98%(Sato2014によれば札幌市の学生1/302=0.33%・成人4/206=1.94%)、本州15/1326=1.13%(Sato2014によれば金沢市の学生11/298=3.69%・成人0/232=0%・川崎市学生1/321=0.31%・大阪市成人2/241=0.83%、Nonaka2007によれば関東0/137=0%・本州西部1/97=1.03%)、四国8/388=2.06%(Sato2014によれば徳島市学生8/388=2.06%)、九州3/402=0.75%(Sato2014によれば長崎市学生3/300=1%・福岡市成人0/102=0%)と、Nonaka2007のその他1/29=3.45%を含む

*42:北海道5/508=0.98%(Sato2014によれば札幌市の学生1/302=0.33%・成人4/206=1.94%)、本州15/1326=1.13%(Sato2014によれば金沢市の学生11/298=3.69%・成人0/232=0%・川崎市学生1/321=0.31%・大阪市成人2/241=0.83%、Nonaka2007によれば関東0/137=0%・本州西部1/97=1.03%)、四国8/388=2.06%(Sato2014によれば徳島市学生8/388=2.06%)、九州3/402=0.75%(Sato2014によれば長崎市学生3/300=1%・福岡市成人0/102=0%)と、Sengupta S2006の日本人0/23=0%、Nonaka2007のその他1/29=3.45%を含む

*43:Sengupta S2006

*44:Sengupta S2006

*45:Sengupta S2006

*46:Sengupta S2006によれば日本人0/23=0%、Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97・その他0/29

*47:Sengupta S2006

*48:Sengupta S2006

*49:Sengupta S2006

*50:Sengupta S2006

*51:Sengupta S2006

*52:北海道0/508(Sato2014によれば札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(Sato2014によれば金沢市の学生0/298・成人0/232・大阪市成人0/241・川崎市学生0/321、Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97)、四国0/388(Sato2014によれば徳島市学生0/388)、九州0/402(Sato2014によれば長崎市学生0/300・福岡市成人0/102)。Nonaka2007のその他0/29を含む

*53:北海道0/508(Sato2014によれば札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(Sato2014によれば金沢市の学生0/298・成人0/232・大阪市成人0/241・川崎市学生0/321、Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97)、四国0/388(Sato2014によれば徳島市学生0/388)、九州0/402(Sato2014によれば長崎市学生0/300・福岡市成人0/102)。Nonaka2007のその他0/29を含む

*54:下記内訳とSengupta S2006の日本人7/23=30.43%、Nonaka2007のその他11/29=37.93%を含む

*55:Sato2014によれば札幌市の学生96/302=31.79%・成人57/206=27.67%

*56:Sato2014によれば金沢市の学生97/298=32.55%・成人65/232=28.02%・川崎市学生110/321=34.27%・大阪市成人68/241=28.22%、Nonaka2007によれば関東42/137=30.66%・本州西部35/97=36.08%

*57:Sato2014によれば徳島市学生130/388=33.51%

*58:Sato2014によれば長崎市学生102/300=34%・福岡市成人36/102=35.29%

*59:北海道111/508=21.85%(Sato2014によれば札幌市の学生70/302=23.18%・成人41/206=19.9%)、本州304/1326=22.93%(Sato2014によれば金沢市の学生63/298=21.14%・成人43/232=18.53%・川崎市学生78/321=24.3%・大阪市成人43/241=17.84%、Nonaka2007によれば関東42/137=30.66%・本州西部35/97=36.08%)、四国90/388=23.2%(Sato2014によれば徳島市学生90/388=23.2%)、九州97/402=24.13%(Sato2014によれば長崎市学生70/300=23.33%・福岡市成人27/102=26.47%)と、Nonaka2007のその他11/29=37.93%を含む

*60:北海道111/508=21.85%(Sato2014によれば札幌市の学生70/302=23.18%・成人41/206=19.9%)、本州286/1326=21.57%(Sato2014によれば金沢市の学生63/298=21.14%・成人43/232=18.53%・川崎市学生78/321=24.3%・大阪市成人43/241=17.84%、Nonaka2007によれば関東33/137=24.09%・本州西部26/97=26.8%)、四国90/388=23.2%(Sato2014によれば徳島市学生90/388=23.2%)、九州97/402=24.13%(Sato2014によれば長崎市学生70/300=23.33%・福岡市成人27/102=26.47%)と、Nonaka2007のその他7/29=24.14%を含む

*61:北海道111/508=21.85%(Sato2014によれば札幌市の学生70/302=23.18%・成人41/206=19.9%)、本州286/1326=21.57%(Sato2014によれば金沢市の学生63/298=21.14%・成人43/232=18.53%・川崎市学生78/321=24.3%・大阪市成人43/241=17.84%、Nonaka2007によれば関東33/137=24.09%・本州西部26/97=26.8%)、四国90/388=23.2%(Sato2014によれば徳島市学生90/388=23.2%)、九州97/402=24.13%(Sato2014によれば長崎市学生70/300=23.33%・福岡市成人27/102=26.47%)とNonaka2007のその他7/29=24.14%を含む

*62:北海道111/508=21.85%(Sato2014によれば札幌市の学生70/302=23.18%・成人41/206=19.9%)、本州286/1326=21.57%(Sato2014によれば金沢市の学生63/298=21.14%・成人43/232=18.53%・川崎市学生78/321=24.3%・大阪市成人43/241=17.84%、Nonaka2007によれば関東33/137=24.09%・本州西部26/97=26.8%)、四国90/388=23.2%(Sato2014によれば徳島市学生90/388=23.2%)、九州97/402=24.13%(Sato2014によれば長崎市学生70/300=23.33%・福岡市成人27/102=26.47%)と、Nonaka2007のその他7/29=24.14%を含む

*63:以下地域民族別とSengupta S2006の日本人5/23=21.74%、Nonaka2007のその他0/29を含む

*64:Tajima2004

*65:Sato2014によれば札幌市の学生61/302=20.2%・成人41/206=19.9%

*66:Sato2014によれば金沢市の学生55/298=18.46%・成人51/232=21.98%・川崎市学生57/321=17.76%・大阪市成人54/241=22.41%、Nonaka2007によれば関東18/137=13.14%・本州西部23/97=23.71%、Tajima2004によれば本州16/82=19.51%

*67:Sato2014によれば徳島市学生69/388=17.78%

*68:Sato2014によれば長崎市学生71/300=23.67%・福岡市成人11/102=10.78%、Tajima2004によれば九州25/104=24.04%

*69:Tajima2004

*70:下記内訳とSengupta S2006の日本人2/23=8.7%以上、Nonaka2007のその他0/29を含む

*71:Sato2014によれば札幌市の学生56/302=18.54%・成人39/206=18.93%

*72:Sato2014によれば金沢市の学生52/298=17.45%・成人48/232=20.69%・川崎市学生48/321=14.95%・大阪市成人49/241=20.33%、Nonaka2007によれば関東18/137=13.14%・本州西部23/97=23.71%

*73:Sato2014によれば徳島市学生66/388=17.01%

*74:Sato2014によれば長崎市学生67/300=22.33%・福岡市成人9/102=8.82%

*75:下記内訳とNonaka2007のその他0/29を含む

*76:Sato2014によれば札幌市の学生15/302=4.97%・成人7/206=3.4%

*77:Sato2014によれば金沢市の学生16/298=5.37%・成人17/232=7.33%・川崎市学生14/321=4.36%・大阪市成人13/241=5.39%、Nonaka2007によれば関東3/137=2.19%・本州西部7/97=7.22%

*78:Sato2014によれば徳島市学生16/388=4.12%

*79:Sato2014によれば長崎市学生20/300=6.67%・福岡市成人1/102=0.98%

*80:Sato2014によれば北海道0/508(札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(金沢市の学生0/298・成人0/232、大阪市成人0/241、川崎市学生0/321)、四国0/388(徳島市学生0/388)、九州0/402(長崎市学生0/300、福岡市成人0/102)。

*81:Sato2014によれば北海道0/508(札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(金沢市の学生0/298・成人0/232、大阪市成人0/241、川崎市学生0/321)、四国0/388(徳島市学生0/388)、九州0/402(長崎市学生0/300、福岡市成人0/102)。

*82:Sato2014によれば北海道0/508(札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(金沢市の学生0/298・成人0/232、大阪市成人0/241、川崎市学生0/321)、四国0/388(徳島市学生0/388)、九州0/402(長崎市学生0/300、福岡市成人0/102)。

*83:北海道0/508(Sato2014によれば札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(Sato2014によれば金沢市の学生0/298・成人0/232・大阪市成人0/241・川崎市学生0/321、Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97)、四国0/388(Sato2014によれば徳島市学生0/388)、九州0/402(Sato2014によれば長崎市学生0/300・福岡市成人0/102)。Nonaka2007のその他0/29を含む

*84:Sato2014によれば北海道0/508(札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(金沢市の学生0/298・成人0/232、大阪市成人0/241、川崎市学生0/321)、四国0/388(徳島市学生0/388)、九州0/402(長崎市学生0/300、福岡市成人0/102)。

*85:Sato2014によれば北海道0/508(札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(金沢市の学生0/298・成人0/232、大阪市成人0/241、川崎市学生0/321)、四国0/388(徳島市学生0/388)、九州0/402(長崎市学生0/300、福岡市成人0/102)。

*86:Sato2014によれば北海道0/508(札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(金沢市の学生0/298・成人0/232、大阪市成人0/241、川崎市学生0/321)、四国0/388(徳島市学生0/388)、九州0/402(長崎市学生0/300、福岡市成人0/102)。

*87:北海道0/508(Sato2014によれば札幌市の学生0/302・成人0/206)、本州0/1092(Sato2014によれば金沢市の学生0/298・成人0/232・大阪市成人0/241・川崎市学生0/321、Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97)、四国0/388(Sato2014によれば徳島市学生0/388)、九州0/402(Sato2014によれば長崎市学生0/300・福岡市成人0/102)。Nonaka2007のその他0/29を含む

*88:北海道22/508=4.33%(Sato2014によれば札幌市の学生15/302=4.97%・成人7/206=3.4%)、本州70/1326=5.28%(Sato2014によれば金沢市の学生16/298=5.37%・成人17/232=7.33%・川崎市学生14/321=4.36%・大阪市成人13/241=5.39%、Nonaka2007によれば関東3/137=2.19%・本州西部7/97=7.22%)、四国16/388=4.12%(Sato2014によれば徳島市学生16/388=4.12%)、九州21/402=5.22%(Sato2014によれば長崎市学生20/300=6.67%・福岡市成人1/102=0.98%)と、Nonaka2007のその他0/29を含む

*89:下記内訳とSengupta S2006の日本人2/23=8.7%以上、Nonaka2007のその他0/29を含む

*90:Sato2014によれば札幌市の学生41/302=13.58%・成人32/206=15.53%

*91:Sato2014によれば金沢市の学生36/298=12.08%・成人31/232=13.36%・川崎市学生34/321=10.59%・大阪市成人36/241=14.94%、Nonaka2007によれば関東15/137=10.95%・本州西部16/97=16.49%

*92:Sato2014によれば徳島市学生50/388=12.89%

*93:Sato2014によれば長崎市学生47/300=15.67%・福岡市成人8/102=7.84%

*94:Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97・その他0/29

*95:北海道48/508=9.45%(Sato2014によれば札幌市の学生28/302=9.27%・成人20/206=9.71%)、本州116/1326=8.75%(Sato2014によれば金沢市の学生23/298=7.72%・成人23/232=9.91%、川崎市学生26/321=8.1%・大阪市成人24/241=9.96%、Nonaka2007によれば関東10/137=7.3%・本州西部10/97=10.31%)、四国36/388=9.28%(Sato2014によれば徳島市学生36/388=9.28%)、九州45/402=11.19%(Sato2014によれば長崎市学生39/300=13%、福岡市成人6/102=5.88%)と、Sengupta S2006の日本人2/23=8.7%以上、Nonaka2007のその他0/29を含む

*96:北海道48/508=9.45%(Sato2014によれば札幌市の学生28/302=9.27%・成人20/206=9.71%)、本州116/1326=8.75%(Sato2014によれば金沢市の学生23/298=7.72%・成人23/232=9.91%、川崎市学生26/321=8.1%・大阪市成人24/241=9.96%、Nonaka2007によれば関東10/137=7.3%・本州西部10/97=10.31%)、四国36/388=9.28%(Sato2014によれば徳島市学生36/388=9.28%)、九州45/402=11.19%(Sato2014によれば長崎市学生39/300=13%、福岡市成人6/102=5.88%)と、Sengupta S2006の日本人2/23=8.7%、Nonaka2007のその他0/29を含む

*97:Nonaka2007によれば関東6/137=4.38%・本州西部5/97=5.15%・その他0/29=0%

*98:Nonaka2007によれば関東6/137=4.38%・本州西部5/97=5.15%・その他0/29=0%

*99:Sato2014によれば札幌市の学生5/302=1.66%・成人2/206=0.97%

*100:Sato2014によれば金沢市の学生3/298=1.01%・成人3/232=1.29%・川崎市学生9/321=2.8%・大阪市成人5/241=2.07%

*101:Sato2014によれば徳島市学生3/388=0.77%

*102:Sato2014によれば長崎市学生4/300=1.33%、福岡市成人2/102=1.96%

YAP(+)(Y染色体ハプログループE)

目次
DE

D・D1・D2
D1a
D1b

【E*】

DE*集団からの移動・・72,500~50,000年前
E*への変異・・・・・・・・・・55,000~50,000年前
サブクレード・・・E1-P147,E2-M75
主なSNP・・・M96,M40/SRY4064
E*(xE1,E2)とはっきりわかっているのは、2015年に判明したアフリカ東部の男性3人。E*(xE1,E2)がはっきりわかったことにより、E全体の再分類がこないだやっと一段落した。なお、DE(xD-M174)でアルタイ山脈南部のベシュペリチルで1/43=2.3%観測されている。
また、3,352~3,161年前のE1b(E1b1b1b2a1a-FGC18319/Y5413)の遺骨(ArmeniaMBA)が、アルメニアのゲガルクニク地方にあるセヴァン湖の南西端の湖畔の村、南西にはノアの方舟で有名なアララト山の山系を一望出来るコーカサス地方のNerquin Getashenの遺跡で見つかった。
アルメニアの位置。

画像右がセヴァン湖、画像中央下がアララト山

これは地図。画像右上にセヴァン湖があり、Nerquin Getashenがある。

ちなみに、セヴァン湖からはフラズダン川が流出し、アララト平原でトルコ北東部が水源のアラス川と合流し、カスピ海へ抜ける。

同遺跡には、はっきりしないがE1b1b1b2a1a-L788と推測される、3,593~3,395年前の遺骨(ArmeniaMBA)とともに、R1b(R1b1a2)の3,856~3,648年前の遺骨(ArmeniaMBA)が見つかっている。
DE*のいるチベットではE1b1b1b2a1aは発見されていない。脱アフリカしてチベットに行くDEから途上で脱落したものなのか、アフリカでEに進化して後世行ったものなのか、注目される。
なお、2010年4月27日、アララト山の山頂付近で方舟の木片を発見。遺骨と同様に炭素年代測定を行ったところ、大洪水が起こったとされる4800年前と同時期の木片であること、その木片はこの地方に繁殖していないことがわかった。別の調査では方舟らしき構造物がアララト山にあることも、大洪水はあったが局地的なものであったこともわかっている。
個人的には、大洪水以前の創世記では、遠くノドの地に離れたカインと遊牧民演奏家・鍛冶屋の祖先となった息子ヤバル・ユバル・トバルカイン、アダムの後継者となって300年間神とともに歩み死なずに失踪したエノク、あとネピリムとは遺伝子的に何者かが気になる。

【E】

Eの分布図。ISOGGの下位サブクレードを見る限り、Eのアフリカ脱出ルートは主に4つ。1つ目はジブチ・エチオピア=イエメンルート(アフリカの角とも言う)、2つ目はチュニジア=(シチリア島又はサルデーニャ島経由)イタリアルート、3つ目はエジプトルート、4つ目はモロッコ=スペインルート。ギリシャが多いのは2つ目と3つ目が合流したからではないだろうか。
そしてアフリカ西部南端にいたEが大西洋沿いに真北に増えていたところ、Eの一部は突如北東に向かう。おそらくエレナ山の噴火の火山灰で気になって進路を変えた可能性が考えられる。なお、自説では、この移動に先立って後にDとなるDEがこの4つのうちいずれかのルートを開発してアフリカを脱出したと考えている。

f:id:disa-japan:20161218004046j:plain
f:id:disa-japan:20161218004557j:plain
f:id:disa-japan:20161218004611j:plain
日本人0/3457=0%*1
東部アフリカ41/43=95.35%、アフリカのガンビア人41/48=85.42%、サハラ以南のアフリカに分布するバントゥー系民族82/108=75.93%(東部37/55=67.27%西部45/53=84.91%)、アフリカの小人ピグミー21/38=55.26%、エジプト人18/36=50%、ギリシャ人14/42=33.33%、主にアフリカ南部に生息しているカポイド(コイサンとも呼ばれる)21/75=28%、中央メキシコ原住民のサポテコ族2/15=13.33%、イタリア人5/39=12.82%*2Baloch people(パキスタン)2/25=8%*3ドイツ人2/32=6.25%*4Makrani caste1/20=5%(パキスタン)*5、アメリカのインディアンの1つシャイアン族2/44=4.55%南米大陸の北端に住むWayuu people1/26=3.85%、ロシア人1/30=3.33%、イングランド人1/32=3.13%*6漢民族4/2448=0.16%*7*8

サブクレードは以下の通り。ISOGGの結果からEはほぼアフリカだが、E1a1、E1b1bの大半が何らかの理由でアフリカを飛び出したことがわかる。あとはE1b1a1a1aの代に中東に行く者がごく少数いた位だ。

E1

E1a

・E1a1-M44
サルデーニャ島民(イタリア)、マンディンカ族(アフリカ西部の南側)、イギリス、ドイツ、レバノンドゥルーズ派、東欧北部のアシュケナジム*9
・E1a2-CTS10713/Z958
アフリカ西部ののギニアにいずれも水源を持つナイジェリア・ガンビアシエラレオネ*10
・・・・・・・E1a2a1a1a1-Z36289
アフリカ西部のシエラレオネ*11

E1b

・E1b1-PN2
東部アフリカ36/43=83.72%、アフリカのガンビア人33/48=68.75%・サハラ以南のアフリカに分布するバントゥー系民族73/108=67.59%(東部30/55西部43/53)、アフリカの小人ピグミー19/38=50%・エジプト人17/36=47.22%、ギリシャ人14/42=33.33%、アフリカ南部のカポイド(コイサンとも呼ばれる)21/75=28%・中央メキシコ原住民のサポテコ族2/15=13.33%、イタリア人5/39=12.82%*12、Baloch people(パキスタン)2/25=8%*13、ドイツ人2/32=6.25%*14、Makrani caste1/20=5%(パキスタン)*15、アメリカのインディアンの1つシャイアン族2/44=4.55%、南米大陸の北端に住むWayuu people1/26=3.85%、ロシア人1/30=3.33%、イングランド人1/32=3.13%*16
日本人0/141=0%*17*18

E1b1a系統

・・・E1b1a1-M2/PN1
東部アフリカ36/43=83.72%、バントゥー系民族68/108=62.96%(東部27/55西部41/53)、ガンビア人28/48=58.33%、ピグミー19/38=50%、カポイド14/75=18.67%、エジプト人3/36=8.33%*19、Makrani caste1/20=5%(パキスタン)*20、Wayuu people1/26=3.85%、シャイアン族1/44=2.27%*21
*22
以下全てISOGG。
・・・・・・・・E1b1a1a1a1a-M58
アフリカ東部のケニア。
・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1-L514
アフリカ西部ギニア水源のガンビアシエラレオネ・ナイジェリア。
・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a-P115
アフリカ西部ギニア湾カメルーンガボン
・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3-CTS923/M4670
中東のサウジアラビアアラブ首長国連邦、アフリカ東部のケニアと南に隣接するタンザニア、アフリカ西部ギニア湾カメルーンガボン・ナイジェリア。
・・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3b-CTS5299
アフリカ西部ギニア水源のシエラレオネ・ナイジェリア。
・・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3c-CTS2754/Z1641
アフリカ西部ギニア湾のナイジェリア。
・・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3d-CTS668
アフリカ西部ギニア湾のナイジェリア。
・・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3e-Z22359
アフリカ東部のケニア、中東のサウジアラビア、アフリカ西部ギニア湾のナイジェリア。
・・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3f-Z37358
アフリカ西部のシエラレオネ
・・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3g-FGC35964
アフリカ西部のシエラレオネ
・・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3j-Z37701
アフリカ西部ギニア湾のナイジェリア。
・・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a3k-Z37769
アフリカ西部ギニア湾のナイジェリア。
・・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1a4-Z5961
アフリカ西部のシエラレオネ
・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c1a1b-M4311
ギニア湾のナイジェリア、アフリカ東部のケニア。
・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c2-CTS9883
アフリカ西部のガンビアシエラレオネ
・・・・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c2a1a-Z36539
アフリカ西部のガンビア
・・・・・・・・・E1b1a1a1a1c3-Z36513
アフリカ西部のシエラレオネ
・・・・・・・・・E1b1a1a1a2a1-M4254
アフリカ西部の南側、ギニア湾に近いベナンコートジボワール・ナイジェリア・シエラレオネガボンカメルーン、アフリカ東部のケニア・エチオピア、アフリカ南東部の原住民Sandawe people、中東のカタール
・・・・・・・・・E1b1a1a1a2a2-CTS1036
アフリカ西部のガンビアシエラレオネ
・・・・E1b1a1b-Z5994
アフリカ西部のガンビアシエラレオネ

E1b1b系統

・・・・・E1b1b1a1-M78
Sengupta S2006によればBaloch people(パキスタン)2/25=8%。*23
下位サブクレードはISOGGによれば以下の通り(数がわからないため統計にはしない)。
・・・・・・・・E1b1b1a1a1a-M224
イエメンのユダヤ人。
・・・・・・・・E1b1b1a1a1b-V32
スエズ運河のエジプトとヨルダン、アフリカ東部のケニア・ソマリアサウジアラビア
・・・・・・・・E1b1b1a1a1c-CTS693
イタリア、アフリカ西部のセネガル、中東のサウジアラビア、トルコ、イングランド、ロシア、アイルランド
・・・・・・・E1b1b1a1a2-PF2272/V65
イタリア、パレスチナアラブ首長国連邦
・・・・・・・・・E1b1b1a1a2a1-CTS9069/PF2279
イタリア、イングランドカメルーン
・・・・・・・・E1b1b1a1b1a-L142.1
イタリアとサルデーニャ島民、ギリシャイングランドスコットランド、ドイツ、スウェーデンノルウェーポーランドチェコハンガリークロアチアアルバニアブルガリアヴォルガ・タタール人の中のMishar Tatars、ベラルーシ、ロシア、エストニア
・・・・・・・E1b1b1a1b2-CTS9547/L677
ケニア、中東のクウェートアラブ首長国連邦サウジアラビア・イラン、スペイン、イタリア、ギリシャ、ドイツ、イングランドアイルランド
・・・・・E1b1b1a2-CTS1339
モロッコ、イタリアとサルデーニャ島民(イタリア)、ガンビアカメルーン
・・・・・E1b1b1b1-M310.1/PF2402.1
アフリカ西部のモロッコ、モロッコに隣接するスペイン、アフリカ西部地中海のチュニジアチュニジアに隣接するイタリア、サルデーニャ島民、アルジェリアリビアポルトガル、スイス、マリ、ガンビア、中東。
・・・・・E1b1b1b2-PF1961/Z830
アフリカ東部のケニア・ソマリア・エチオピア、中東のアラブ首長国連邦バーレーンサウジアラビアクウェートイラクカタール・イラン、アフリカ西部の南端のバントゥー系民族、アフリカ南東部のSandawe people、北部のサン人、イタリア、ポルトガル、フランス、イングランド、ドイツ、ポーランドベラルーシラトビアリトアニア、ロシア。
・・・・・・・・・E1b1b1b2a1a1- CTS4483/L795
イエメン、イタリアとサルデーニャ島民、スペイン、ベラルーシウクライナ、トルコ、ヨルダンクウェートサウジアラビアカタールオマーンバーレーンスコットランドチェコポーランド
・・・・・・・・・・・・・・E1b1b1b2a1a1a1a1c-M136
南アジア。
・・・・・・・・・E1b1b1b2a1a2-M290
パレスチナ
・・・・・・・・・E1b1b1b2a1a4-L791
スペイン、イタリアとサルデーニャ島民、フランス、イングランド、ロシア。
・・・・・・E1b1b1b2c-V42
ユダヤ人(エチオピア)、エリトリア
・・・・E1b1b1c-V6
アフリカの角ジブチソマリア・ケニアとナイル川下流のエジプト。
・・・E1b1b2-M281
アフリカ東部のエチオピア、アラビア半島の南西端イエメン、サウジアラビア

E2

E2a-M41

ナイル川上流のエチオピア・スーダンウガンダ

E2b-M98

E2a3ヵ国の隣国ケニア、アフリカ西部ギニアのフータ・ジャロンに水源を持つニジェール川系統のナイジェリアとガンビア川系統のガンビア

*1:Hammer2006によれば日本0/259、Sato2014によれば長崎市学生0/300・福岡市成人0/102・徳島市学生0/388・大阪市成人0/241・金沢市(学生0/298・成人0/232)・川崎市学生0/321・札幌市(学生0/302、成人0/206)、Tajima2004によればアイヌ0/16・本州0/82・九州0/104・沖縄人0/45、Karafet1999によれば日本人0/118、Sengupta S2006によれば日本0/23、Nonaka2007によれば日本人0/263、Soon-Hee Kim2011の日本人0/157。 Hammer2006は下記論文参照。当該論文を今後Hammer2006と言います。Michael F Hammer,Tatiana M Karafet, Hwayong Park,Keiichi Omoto,Shinji Harihara, Mark Stoneking and Satoshi Horai"Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes" http://www.nature.com/jhg/journal/v51/n1/full/jhg20068a.html Sato2014は下記論文参照。当該論文を今後Sato2014と言います。YOUICHI SATO,TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS,AIKO YAMAUCHI,TERUAKI IWAMOTO,YUTAKA NAKAHORI"Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males" https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase/122/3/122_140709/_html Tajima2004は下記論文参照。当該論文を今後Tajima2004と言います。Atsushi Tajima,Masanori Hayami,Katsushi Tokunaga,Takeo Juji,Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki,Keiichi Omoto and Satoshi Horai"Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" http://www.nature.com/jhg/journal/v49/n4/full/jhg200432a.html Karafet1999は下記論文。今後当該論文をKarafet1999と言います。Karafet TM,Zegura SL,Posukh O,Osipova L,Bergen A,Long J,Goldman D,Klitz W,Harihara S,de Knijff P,Wiebe V,Griffiths RC,Templeton AR,Hammer MF."Ancestral Asian source(s) of new world Y-chromosome founder haplotypes."https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10053017 Sengupta S2006は下記論文。以下、Sengupta S2006と記します。Sanghamitra Sengupta,Lev A.Zhivotovsky,Roy King,S.Q.Mehdi,Christopher A.Edmonds,Cheryl-Emiliane T.Chow,Alice A.Lin,Mitashree Mitra,Samir K.Sil,A.Ramesh,M.V.Usha Rani,Chitra M.Thakur,L.Luca Cavalli-Sforza,Partha P.Majumder,Peter A. Underhill"Polarity and Temporality of High-Resolution Y-Chromosome Distributions in India Identify Both Indigenous and Exogenous Expansions and Reveal Minor Genetic Influence of Central Asian Pastoralists"http://www.cell.com/ajhg/fulltext/S0002-9297(07)62353-2 Nonaka2007は下記論文。Eは検出対象になっていないが検査対象となったDEは全てDだったため、Eは存在しなかったとしてここに入れる。I.Nonaka,K.Minaguchi,N.Takezaki"Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms"http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full Soon-Hee Kim2011は下記論文。Eは検査対象になっていないがEの可能性のあるものがいなかったとしてここに加える。Soon-Hee Kim,Ki-Cheol Kim,Dong-Jik Shin,Han-Jun Jin,Kyoung-Don Kwak,Myun-Soo Han,Joon-Myong Song,Won Kim and Wook Kim"High frequencies of Y-chromosome haplogroup O2b-SRY465 lineages in Korea: a genetic perspective on the peopling of Korea" http://investigativegenetics.biomedcentral.com/articles/10.1186/2041-2223-2-10 過去の自分たちの論文のデータをより新しいSNPで再分類。 過去の論文はKim SH, Han MS, Kim W, Kim W: Y chromosome homogeneity in the Korean population. Int J Legal Med. 2010、Kim W, Shin DJ, Harihara S, Kim YJ: Y chromosomal DNA variation in east Asian populations and its potential for inferring the peopling of Korea. J Hum Genet. 2000、Jin HJ, Kwak KD, Hammer MF, Nakahori Y, Shinka T, Lee JW, Jin F, Jia X, Tyler-Smith C, Kim W: Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications for the dual origins of the Koreans. Hum Genet. 2003

*2:以上Karafet1999

*3:Sengupta S2006

*4:Karafet1999

*5:Sengupta S2006

*6:以上Karafet1999

*7:Sengupta S2006によれば漢民族0/24、Shi,Hong2008によれば漢民族(北西部)4/614・漢民族(北部)0/454・漢民族(南部)0/768、Soon-Hee Kim2011によれば漢民族(北京0/51、雲南省0/60)、Tajima2004によれば台湾漢民族0/21=0%・漢民族(北部)0/49=0%、Trejaut2014によれば漢民族(福建省)0/55・台湾の漢民族0/352

*8:0%は以下の通り。 【ロシア】 ブリヤート0/178(Tajima2004によればブリヤート0/61、Karafet1999によればブリヤート人0/81、Soon-Hee Kim2011によればブリヤート人0/36)。 ヤクート0/38(Karafet1999によればヤクート0/20、Sengupta S2006によればヤクート0/18)。 Tajima2004によればニヴフ0/21=0%。 Karafet1999によればコミ人0/8、ネネツ人(森林地帯0/27、ツンドラ地帯0/52)、ケット人0/12、セリクプ人0/122、エヴェンキ(シベリア0/95、満州0/41)、エヴェン0/41、オロチョン族0/23、エスキモー(シベリア0/22、アラスカ0/4、イヌイット0/62)、チュクチ0/4、コリャーク人0/12、ユカギール0/12。 Sengupta S2006によればナナイ0/6、オロチョン族0/7。 Shi,Hong2008によればエヴェンキ0/31(中国)、 【中露の施政下の地域を除く東アジア】 モンゴル系民族0/368(Karafet1999によればモンゴル人0/148、Sengupta S2006によればモンゴル系民族0/7、Shi,Hong2008によれば中国にいるモンゴル人0/87、Soon-Hee Kim2011によればモンゴル人0/81・ハルハ0/45)。 朝鮮人0/580(Sengupta S2006によれば朝鮮人0/28。Shi,Hong2008によれば朝鮮民族0/46、Soon-Hee Kim2011によれば韓国人0/506)。 【中国】 チベット(Karafet1999によればチベット人0/30、Shi,Hong2008によればチベット民族0/594)。 Dai people(Sengupta S2006によればDai people0/7、Shi,Hong2008によればタイ族0/176)。 ダウール族(Sengupta S2006によればダウール族0/7、Shi,Hong2008によればダウール族0/4)。 トゥチャ族(Sengupta S2006によればトゥチャ族0/9、Shi,Hong2008によればトゥチャ族0/116)。 ラフ族(Sengupta S2006によればラフ族0/7、Shi,Hong2008によればラフ族0/78)。 ミャオ族(Sengupta S2006によればミャオ族0/7、Shi,Hong2008によればミャオ族0/212)。 ナシ族(Sengupta S2006によればナシ族0/8、Shi,Hong2008によればナシ族0/87)。 シェ族(Sengupta S2006によればシェ族0/7、Shi,Hong2008によればシェ族0/12)。 イ族(Sengupta S2006によればイ族0/9、Shi,Hong2008によればイ族0/54)。 Sengupta S2006によればトゥ族0/7、ウイグル0/8、シベ族0/8。 満州民族(Shi,Hong2008によれば満州人0/125、Soon-Hee Kim2011によれば満州民族0/30)。 Soon-Hee Kim2011によれば西安0/34。 Karafet1999によれば中国南部0/26。Shi,Hong2008によれば回族0/24、チャン族0/27、ペー族0/199、ハニ族0/42、プミ族0/47、トーロン族0/30、リス族0/50、ヌー族0/52、アチャン族0/40、チンプオ族0/50、プイ族0/123、チワン族(スペルミスか)0/116、トン族0/147、コーラオ族0/14、リー族0/55、ムーラオ族0/78、マオナン族0/15、スイ族0/95、ヤオ族0/284、トーアン族0/45、ワ族0/31、プーラン族0/29。 【東南アジア】 Karafet1999によれば東南アジア0/38。 台湾(Karafet1999によれば台湾人0/44、Tajima2004によれば台湾原住民0/223=0%、Trejaut2014によれば台湾平野部の部族0/370・台湾北部の山間原住民0/112・台湾南部の山間原住民0/146・他の台湾の部族0/355)。 フィリピン(Tajima2004によればフィリピン0/50、Trejaut2014によればイヴァタン人 (フィリピンのバタン諸島)0/24、フィリピン0/146、Soon-Hee Kim2011によれば フィリピン人0/64)。 ベトナム(Trejaut2014によればベトナムハノイ0/24、Soon-Hee Kim2011によればベトナムハノイ0/48)。 タイ(Tajima2004によればタイ0/34、Trejaut2014によればタイ0/75・ハニ族(タイ北部)0/27、Soon-Hee Kim2011によればタイ人0/40)。 Sengupta S2006によればカンボジア0/6。 マレーシア(Tajima2004によればマレーシア0/12、Trejaut2014によればマレーシア0/8)。 インドネシア(Karafet1999によればインドネシア0/53、Trejaut2014によればインドネシア0/246、Soon-Hee Kim2011によればインドネシアのジャワ島0/37)。 【オセアニア】 Hammer2006によればオセアニア(インドネシア東部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア)0/209。 Karafet1999によればアボリジニ0/31、パプアニューギニア0/47、メラネシア0/55。 【インド】 Karafet1999によればインド人0/60、Sengupta S2006によればインド0/728(Chamar(シュードラ)0/18、ムスリム0/19、ラージプート0/29、ウッタル・プラデーシュ州のバラモン0/14、Chakma people0/4、Jamatia0/30、Mog people0/5、Mizo people0/27、Tripuri people0/21、Agharia0/10、Bagdi0/11、Gauda Brahmins0/5、Ho people0/30、Lodha0/20、Mahishya0/13、Santhal people0/14、Tanti0/7、西ベンガル州バラモン0/18、Ambalakarar(ドラヴィダ人)0/29、Irula people(ドラヴィダ人)0/30、Iyengar(ドラヴィダ人)0/30、Iyer(ドラヴィダ人)0/29、ドラヴィダ人のKoya (tribe)0/27、ドラヴィダ人のKota people (India)0/16、Hill Reddis(ドラヴィダ人)0/30、Kurumba Gounder(ドラヴィダ人)0/19、Pallar(ドラヴィダ人)0/29、Toda people(ドラヴィダ人)0/8、Vanniyar(ドラヴィダ人)0/25、Vellalar(ドラヴィダ人)0/31、Halba0/21、Kamar(ドラヴィダ人)0/30、Muria people(ドラヴィダ人)0/20、Koknasth Brahmin(Chitpavan参照)0/25、Maratha0/20、Nav Buddha0/14) Cordaux,R.(2004)によればApatani people0/33、Adi people0/55、その他インド北東部0/173、Nyishi族0/51、ナガ族0/34。 【パキスタン】 Sengupta S2006によればブルショー人0/20・ハザーラ人0/25・カラシュ人0/20・パシュトゥーン人0/20・Brahui people0/25・Sindhis0/21 【中央アジア圏】 Karafet1999によればアルタイ0/29、カザフ0/22。 【北米】 Karafet1999によればタナナ川付近の先住民族0/12、ナバホ族0/56、Havasupai0/10、Pima people0/24。 【中米】 Karafet1999によればプエブロ0/18、Ngabe0/17、Kuna people0/12、Embera people0/10、Embera-wounaan0/15、ミヘー0/12、ミシュテカ0/29。 【南米】 Karafet1999によればKaritiana people0/2、Paiter people0/3、チリ人0/3。 【その他】 中央アジア0/429(Hammer2006によれば中央アジア(ウイグル・モンゴル・アルタイ・チベット)で0/419、Sengupta S2006によれば中央アジア0/10)、Hammer2006によれば北東アジア(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+エベンキ+エヴェン+オロチョン)0/441、東南アジア(台湾、中国南部の漢民族とTujia,Yizu,Miao,Yao,Zhuang,Sheの各民族+ベトナム+マレーシア+フィリピン+インドネシア西部)で0/683、南アジア(インド+スリランカ)0/496。 Shi,Hong2008は下記論文。Hong Shi,Hua Zhong,Yi Peng,Yong-Li Dong,Xue-Bin Qi,Feng Zhang,Lu-Fang Liu,Si-Jie Tan,Runlin Z Ma,Chun-Jie Xiao,R Spencer Wells,Li Jin and Bing Su"Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations"https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2605740/ Cordaux,R2004は下記論文。Richard Cordaux,Gunter Weiss,Nilmani Saha and Mark Stoneking"The Northeast Indian Passageway: A Barrier or Corridor for Human Migrations?"http://m.mbe.oxfordjournals.org/content/21/8/1525.long?view=long&pmid=15128876 Trejaut2014は下記論文。Jean A Trejaut, Estella S Poloni,Ju-Chen Yen,Ying-Hui Lai,Jun-Hun Loo,Chien-Liang Lee,Chun-Lin He and Marie Lin"Taiwan Y-chromosomal DNA variation and its relationship with Island Southeast Asia"http://bmcgenet.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2156-15-77

*9:ISOGG

*10:ISOGG

*11:ISOGG

*12:以上Karafet1999

*13:Sengupta S2006

*14:Karafet1999

*15:Sengupta S2006

*16:以上Karafet1999

*17:Karafet1999によれば日本人0/118、Sengupta S2006によれば日本0/23

*18:0%は以下の通り。 Sengupta S2006によればカンボジア0/6=0%、中央アジア0/10=0%。 Karafet1999によればアボリジニ0/31、パプアニューギニア0/47、メラネシア0/55、コミ人0/8、ネネツ人(森林地帯0/27、ツンドラ地帯0/52)、ケット人0/12、セリクプ人0/122、ブリヤート人0/81、エヴェンキ(シベリア0/95、満州0/41)、エヴェン0/41、オロチョン族0/23、エスキモー(シベリア0/22、アラスカ0/4、イヌイット0/62)、チュクチ0/4、コリャーク人0/12、ユカギール0/12、モンゴル人0/148、アルタイ0/29、チベット人0/30、カザフ0/22、台湾人0/44、中国南部0/26、朝鮮人0/28、インドネシア0/53、東南アジア0/38、タナナ川付近の先住民族0/12、ナバホ族0/56、Havasupai0/10、Pima people0/24、プエブロ0/18、Ngabe0/17、Kuna people0/12、Embera people0/10、Embera-wounaan0/15、ミヘー0/12、ミシュテカ0/29、Karitiana people0/2、Paiter people0/3、チリ人0/3。 ヤクート0/38(Karafet1999によればヤクート0/20、Sengupta S2006によればヤクート0/18)。 【インド】Karafet1999によればインド人0/60、Sengupta S2006によればインド0/728(Chamar(シュードラ)0/18、ムスリム0/19、ラージプート0/29、ウッタル・プラデーシュ州のバラモン0/14、Chakma people0/4、Jamatia0/30、Mog people0/5、Mizo people0/27、Tripuri people0/21、Agharia0/10、Bagdi0/11、Gauda Brahmins0/5、Ho people0/30、Lodha0/20、Mahishya0/13、Santhal people0/14、Tanti0/7、西ベンガル州バラモン0/18、Ambalakarar(ドラヴィダ人)0/29、Irula people(ドラヴィダ人)0/30、Iyengar(ドラヴィダ人)0/30、Iyer(ドラヴィダ人)0/29、ドラヴィダ人のKoya (tribe)0/27、ドラヴィダ人のKota people (India)0/16、Hill Reddis(ドラヴィダ人)0/30、Kurumba Gounder(ドラヴィダ人)0/19、Pallar(ドラヴィダ人)0/29、Toda people(ドラヴィダ人)0/8、Vanniyar(ドラヴィダ人)0/25、Vellalar(ドラヴィダ人)0/31、Halba0/21、Kamar(ドラヴィダ人)0/30、Muria people(ドラヴィダ人)0/20、Koknasth Brahmin(Chitpavan参照)0/25、Maratha0/20、Nav Buddha0/14) 【パキスタン】ブルショー人0/20・ハザーラ人0/25・カラシュ人0/20・パシュトゥーン人0/20・Brahui people0/25・Sindhis0/21 【中国】Dai people0/7・ダウール族0/7・漢民族0/24・ナナイ0/6・ラフ族0/7・ミャオ族0/7・モンゴル系民族0/7・ナシ族0/8・オロチョン族0/7・シェ族0/7・トゥ族0/7・トゥチャ族0/9・ウイグル0/8・シベ族0/8・イ族0/9。以上Sengupta S2006

*19:以上Karafet1999

*20:Sengupta S2006

*21:以上Karafet1999

*22:0%は以下の通り。日本人0/141=0%(Karafet1999によれば日本人0/118、Sengupta S2006によれば日本0/23)。 Sengupta S2006によればカンボジア0/6、中央アジア0/10。 Karafet1999によればイングランド人0/32、ドイツ人0/32、イタリア人0/39、ギリシャ人0/42、ロシア人0/30、アボリジニ0/31、パプアニューギニア0/47、メラネシア0/55、コミ人0/8、ネネツ人(森林地帯0/27、ツンドラ地帯0/52)、ケット人0/12、セリクプ人0/122、ブリヤート人0/81、エヴェンキ(シベリア0/95、満州0/41)、エヴェン0/41、オロチョン族0/23、エスキモー(シベリア0/22、アラスカ0/4、イヌイット0/62)、チュクチ0/4、コリャーク人0/12、ユカギール0/12、モンゴル人0/148、アルタイ0/29、チベット人0/30、カザフ0/22、台湾人0/44、中国南部0/26、朝鮮人0/28、インドネシア0/53、東南アジア0/38、タナナ川付近の先住民族0/12、ナバホ族0/56、Havasupai0/10、Pima people0/24、プエブロ0/18、サポテコ族0/15、Ngabe0/17、Kuna people0/12、Embera people0/10、Embera-wounaan0/15、ミヘー0/12、ミシュテカ0/29、Karitiana people0/2、Paiter people0/3、チリ人0/3。 ヤクート0/38(Karafet1999によればヤクート0/20、Sengupta S2006によればヤクート0/18)。 インド合計0/788 Karafet1999によればインド人0/60、Sengupta S2006によればインド0/728(Chamar(シュードラ)0/18、ムスリム0/19、ラージプート0/29、ウッタル・プラデーシュ州のバラモン0/14、Chakma people0/4、Jamatia0/30、Mog people0/5、Mizo people0/27、Tripuri people0/21、Agharia0/10、Bagdi0/11、Gauda Brahmins0/5、Ho people0/30、Lodha0/20、Mahishya0/13、Santhal people0/14、Tanti0/7、西ベンガル州バラモン0/18、Ambalakarar(ドラヴィダ人)0/29、Irula people(ドラヴィダ人)0/30、Iyengar(ドラヴィダ人)0/30、Iyer(ドラヴィダ人)0/29、ドラヴィダ人のKoya (tribe)0/27、ドラヴィダ人のKota people (India)0/16、Hill Reddis(ドラヴィダ人)0/30、Kurumba Gounder(ドラヴィダ人)0/19、Pallar(ドラヴィダ人)0/29、Toda people(ドラヴィダ人)0/8、Vanniyar(ドラヴィダ人)0/25、Vellalar(ドラヴィダ人)0/31、Halba0/21、Kamar(ドラヴィダ人)0/30、Muria people(ドラヴィダ人)0/20、Koknasth Brahmin(Chitpavan参照)0/25、Maratha0/20、Nav Buddha0/14 Sengupta S2006によればパキスタンのブルショー人0/20・ハザーラ人0/25・カラシュ人0/20・パシュトゥーン人0/20・Baloch people0/25・Brahui people0/25・Sindhis0/21、中国のDai people0/7・ダウール族0/7・漢民族0/24・ナナイ0/6・ラフ族0/7・ミャオ族0/7・モンゴル系民族0/7・ナシ族0/8・オロチョン族0/7・シェ族0/7・トゥ族0/7・トゥチャ族0/9・ウイグル0/8・シベ族0/8・イ族0/9

*23:0%は以下の通り。 日本0/23、ヤクート0/18、カンボジア0/6、中央アジア0/10。 インド合計0/728 Chamar(シュードラ)0/18、ムスリム0/19、ラージプート0/29、ウッタル・プラデーシュ州のバラモン0/14、Chakma people0/4、Jamatia0/30、Mog people0/5、Mizo people0/27、Tripuri people0/21、 Agharia0/10、Bagdi0/11、Gauda Brahmins0/5、Ho people0/30、Lodha0/20、Mahishya0/13、Santhal people0/14、Tanti0/7、西ベンガル州バラモン0/18、Ambalakarar(ドラヴィダ人)0/29、Irula people(ドラヴィダ人)0/30、Iyengar(ドラヴィダ人)0/30、Iyer(ドラヴィダ人)0/29、ドラヴィダ人のKoya (tribe)0/27、ドラヴィダ人のKota people (India)0/16、Hill Reddis(ドラヴィダ人)0/30、Kurumba Gounder(ドラヴィダ人)0/19、Pallar(ドラヴィダ人)0/29、Toda people(ドラヴィダ人)0/8、Vanniyar(ドラヴィダ人)0/25、Vellalar(ドラヴィダ人)0/31、Halba0/21、Kamar(ドラヴィダ人)0/30、Muria people(ドラヴィダ人)0/20、Koknasth Brahmin(Chitpavan参照)0/25、Maratha0/20、Nav Buddha0/14。 パキスタン ブルショー人0/20、ハザーラ人0/25、カラシュ人0/20、パシュトゥーン人0/20、Brahui people0/25、Makrani caste0/20、Sindhis0/21。 中国合計0/128 Dai people0/7、ダウール族0/7、漢民族0/24、ナナイ0/6、ラフ族0/7、ミャオ族0/7、モンゴル系民族0/7、ナシ族0/8、オロチョン族0/7、シェ族0/7、トゥ族0/7、トゥチャ族0/9、ウイグル0/8、シベ族0/8、イ族0/9

YAP(+)(Y染色体ハプログループD・D1・D2)

目次
DE
E

D1a
D1b

【D】


DE*集団からの移動・・72,500~50,000年前
D*への変異・・・・・・・・・・71,365~61,418年前*1
サブクレード・・・D1-CTS11577,D2-M226
主なSNP・・・M174
日本人1168/3457=33.79%*2
アイヌ17/20=85%*3
北海道173/508=34.06%*4
本州506/1495=33.85%*5
四国137/458=29.91%*6
九州167/559=29.87%*7
沖縄50/90=55.56%*8
インド領アンダマン・ニコバル諸島27/48=56.25%*9
アンダマン諸島の位置。

ジャラワ族。


チベット人397/994=39.94%*10プミ族35/94=37.23%*11チャン族8/27=29.63%*12ナシ族28/153=18.3%*13、ヤオ族32/284=11.27%*14チワン族12/116=10.34%、ダウール族9.09%*15西安3/34=8.82%*16、イ族9/131=6.87%*17、ムーラオ族5/78=6.41%*18、リー族3/55=5.45%、スイ族5/95=5.26%*19、ミャオ族10/219=4.57%、
*20タイ族8/183=4.37%*21回族1/24=4.17%*22、アルタイ1/29=3.45%*23、トン族5/147=3.4%*24、ペー族8/280=2.86%*25、タイ5/176=2.84%*26ベトナムハノイ2/72=2.78%*27、プイ族3/123=2.44%*28漢民族か原住民か不明の台湾人1/44=2.27%*29、中国の漢民族58/2758=2.1%*30朝鮮人10/580=1.72%*31、チンプオ族1/55=1.82%*32、トゥチャ族4/231=1.73%*33、モンゴル系民族6/368=1.63%*34満州人2/155=1.29%*35、ヌー族1/80=1.25%*36、インド北東部の民族4/405=0.99%*37ブリヤート人1/178=0.56%*38
東南アジア19/721=2.64%*39中央アジア65/419=15.51%*40、北東アジア3/523=0.57%*41オセアニア1/209=0.48%*42*43

【D1】

D*集団からの移動・・71,000~50,000年前
D1*への変異・・・・・・60,000~47,500年前
サブクレード・・・D1a-Z27276,D1b-M64
主なSNP・・・CTS11577(2014/05/09、ISOGG登録)
チベット系民族D1aと日本人D1bの祖にあたる。合計は以下の通り。
日本人1107/3316=33.38%*44
アイヌ17/20=85%*45
北海道173/508=34.06%*46
本州506/1495=33.85%*47
四国137/458=29.91%*48
九州167/559=29.87%*49
沖縄50/90=55.56%*50
チベット人361/964=37.45%*51プミ族35/94=37.23%*52チャン族8/27=29.63%*53ナシ族28/145=19.31%*54、ヤオ族32/284=11.27%*55西安3/34=8.82%*56チワン族9/116=7.76%、ムーラオ族5/78=6.41%*57、イ族7/122=5.74%*58、リー族3/55=5.45%、スイ族5/95=5.26%、ミャオ族10/212=4.72%、トン族5/147=3.4%*59タイ族5/176=2.84%*60ベトナムハノイ2/72=2.78%*61、プイ族3/123=2.44%*62、タイ4/176=2.27%*63、中国の漢民族58/2734=2.12%*64、チンプオ族1/55=1.82%*65、トゥチャ族4/222=1.8%*66、ペー族5/280=1.79%*67朝鮮人8/552=1.45%*68ブリヤート人1/97=1.03%*69満州人1/155=0.65%*70、モンゴル人1/213=0.47%*71
Hammer2006によれば、中央アジア56/419=13.37%*72、東南アジア18/683=2.64%*73、北東アジア3/523=0.57%*74オセアニア1/209=0.48%*75*76

【D2】

D*集団からの移動・・71,000~50,000年前
D2*への変異・・・・・・71,000年前以降
サブクレード・・・D2a-FGC8848,D2b-FGC8940
主なSNP・・・M226(2014/05/09、ISOGG登録)
D2は、フィリピンセブ州マクタン島ラプ=ラプ市で3人位、台湾にもいるとしかわからない。
マゼランを倒したフィリピンの英雄ラプ=ラプ。

因みに、Dを初めて発見したハマー教授、それからアンダーヒル教授は、このD2こそEだと長く主張している。またEはアジアで生まれアフリカに戻ったという主張もしている。更にハマー教授は脱アフリカはCTではなくDEとCFが一緒に為したと主張している。
但し、いずれも多数説とはなっていない。

*1:下記論文Shi,Hong2008による。下記論文を今後Shi,Hong2008と言います。Hong Shi,Hua Zhong,Yi Peng,Yong-Li Dong,Xue-Bin Qi,Feng Zhang,Lu-Fang Liu,Si-Jie Tan,Runlin Z Ma,Chun-Jie Xiao,R Spencer Wells,Li Jin and Bing Su"Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2605740/

*2:Karafet1999の日本人55/118、Nonaka2007のその他11/29、日本列島とアイヌ、Soon-Hee Kim2011の日本人46/157、Sengupta S2006の日本6/23を含む。 Karafet1999は下記論文。今後当該論文をKarafet1999と言います。Karafet TM,Zegura SL,Posukh O,Osipova L,Bergen A,Long J,Goldman D,Klitz W,Harihara S,de Knijff P,Wiebe V,Griffiths RC,Templeton AR,Hammer MF."Ancestral Asian source(s) of new world Y-chromosome founder haplotypes."https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10053017 Nonaka2007は下記論文。当該論文は今後もNonaka2007と言います。日本人263人のハプログループ分類、次いで日本人263人のうち、 関東地方137人(東京都51人+千葉県45人+神奈川県14人+埼玉県13人+茨城県5人+栃木県5人+群馬県4人)、本州西部97人(長野県11人+富山県3人+岐阜県2人+石川県4人+滋賀県1人+京都府2人+大阪府2人+山梨県2人+静岡県12人+愛知県6人+三重県4人+和歌山県5人+兵庫県5人+鳥取県2人+岡山県6人+広島県3人+島根県3人+山口県2人+香川県4人+高知県1人+愛媛県4人+大分県3人+福岡県4人+熊本県3人+佐賀県2人+長崎県1人)を抜き出してハプログループ分類をしている。その他(北海道3人+沖縄県1人+青森県3人+秋田県3人+宮城県7人+新潟県6人+福島県6人)として29人もあえて抽出する。I.Nonaka,K.Minaguchi,N.Takezaki"Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms"http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full Soon-Hee Kim2011は下記論文。当該論文を今後もSoon-Hee Kim2011と言います。Soon-Hee Kim,Ki-Cheol Kim,Dong-Jik Shin,Han-Jun Jin,Kyoung-Don Kwak,Myun-Soo Han,Joon-Myong Song,Won Kim and Wook Kim"High frequencies of Y-chromosome haplogroup O2b-SRY465 lineages in Korea: a genetic perspective on the peopling of Korea" http://investigativegenetics.biomedcentral.com/articles/10.1186/2041-2223-2-10 過去の自分たちの論文のデータをより新しいSNPで再分類。 過去の論文はKim SH, Han MS, Kim W, Kim W: Y chromosome homogeneity in the Korean population. Int J Legal Med. 2010、Kim W, Shin DJ, Harihara S, Kim YJ: Y chromosomal DNA variation in east Asian populations and its potential for inferring the peopling of Korea. J Hum Genet. 2000、Jin HJ, Kwak KD, Hammer MF, Nakahori Y, Shinka T, Lee JW, Jin F, Jia X, Tyler-Smith C, Kim W: Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications for the dual origins of the Koreans. Hum Genet. 2003 Sengupta S2006は下記論文。以下Sengupta S2006と言います。論文ではDはD1a1、D1b、D*(xD1a1,D1b)に分類しているが、日本人6/23がD1a1で、且つD1b含めその他Dはいないという結果になっている。インド人の合計が合わなかったり、中央アジアが抜けていたこともあり、日本人6/23は強引にDとして数え用いる。 Sanghamitra Sengupta,Lev A.Zhivotovsky,Roy King,S.Q.Mehdi,Christopher A.Edmonds,Cheryl-Emiliane T.Chow,Alice A.Lin,Mitashree Mitra,Samir K.Sil,A.Ramesh,M.V.Usha Rani,Chitra M.Thakur,L.Luca Cavalli-Sforza,Partha P.Majumder,Peter A. Underhill"Polarity and Temporality of High-Resolution Y-Chromosome Distributions in India Identify Both Indigenous and Exogenous Expansions and Reveal Minor Genetic Influence of Central Asian Pastoralists"http://www.cell.com/ajhg/fulltext/S0002-9297(07)62353-2

*3:Tajima2004によればアイヌ14/16、Hammer2006によれば3/4。 Tajima2004は下記論文参照。当該論文を今後Tajima2004と言います。Atsushi Tajima,Masanori Hayami,Katsushi Tokunaga,Takeo Juji,Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki,Keiichi Omoto and Satoshi Horai"Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" http://www.nature.com/jhg/journal/v49/n4/full/jhg200432a.html Hammer2006は下記論文参照。当該論文を今後Hammer2006と言います。Michael F Hammer,Tatiana M Karafet, Hwayong Park,Keiichi Omoto,Shinji Harihara, Mark Stoneking and Satoshi Horai"Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes" http://www.nature.com/jhg/journal/v51/n1/full/jhg20068a.html

*4:Sato2014は札幌市成人72/206、学生101/302。Sato2014は下記論文参照。当該論文を今後Sato2014と言います。YOUICHI SATO,TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS,AIKO YAMAUCHI,TERUAKI IWAMOTO,YUTAKA NAKAHORI"Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males" https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase/122/3/122_140709/_html

*5:Tajima2004は本州30/82、Sato2014は大阪市成人74/241、金沢市(成人76/232、学生97/298)、川崎市学生107/321、Nonaka2007は関東66/137・本州西部26/97、Hammer2006によれば青森県10/26、静岡県20/61

*6:Sato2014は徳島市学生119/388、Hammer2006によれば徳島県18/70

*7:Tajima2004は九州29/104、Sato2014は福岡市成人34/102、長崎市学生90/300、Hammer2006によれば九州14/53

*8:Tajima2004によれば沖縄25/45、Hammer2006によれば沖縄25/45

*9:オンゲ族23/23=100%、ジャラワ族4/4=100%(両者ともD*-M174(xD1b-M55,D1a1-M15)、南・中・北アンダマン島に住む人0/10、ニコバル人0/11。 Thangaraj2003による。Thangaraj2003はアンダマン・ニコバル諸島で変なの見つけたという下記論文。今後Thangaraj2003と表す。 Kumarasamy Thangaraj,Lalji Singh,Alla G. Reddy,V.Raghavendra Rao,Subhash C.Sehgal,Peter A.Underhill,Melanie Pierson,Ian G.Frame,Erika Hagelberg"Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population"http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(02)01336-2

*10:Karafet1999によればチベット人16/30=53.33%、Shi,Hong2008によればチベット人280/594、Bo Wen2004によれば青海省2/92(別の場所では91人記載)・雲南省シャングリラ市4/49、Gayden2007によればチベット79/156、Bing Su2000bによればチベット人16/73=21.92%(ラサ8/46、雲南省8/27) Bo Wen2004は下記論文。当該論文をBo Wen2004と言います。 Bo Wen,Xuanhua Xie,Song Gao,Hui Li,Hong Shi,Xiufeng Song,Tingzhi Qian,Chunjie Xiao,Jianzhong Jin,Bing Su,Daru Lu,Ranajit Chakraborty and Li Jin"Analyses of Genetic Structure of Tibeto-Burman Populations Reveals Sex-Biased Admixture in Southern Tibeto-Burmans"https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1181980/ Gayden2007はネパール周辺のハプログループを分類した論文。Tenzin Gayden,Alicia M. Cadenas,Maria Regueiro,Nanda B.Singh,Lev A. Zhivotovsky,Peter A. Underhill,Luigi L.Cavalli-Sforza,and Rene J.Herrera"The Himalayas as a Directional Barrier to Gene Flow" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1852741/?tool=pmcentrez Su,Bing2000bはシナ・チベット語族607人のハプログループ分類をした下記論文。ここではSu,Bing2000bと呼びます。 Bing Su・Chunjie Xiao·Ranjan Deka·Mark T. Seielstad·Daoroong Kangwanpong·Junhua Xiao·Daru Lu·Peter Underhill·Luca Cavalli-Sforza·Ranajit Chakraborty·Li Jin"Y chromosome haplotypes reveal prehistorical migrations to the Himalayas."なおSu,Bing2000bのチベット人H2の数値はQian2000のものだが、Qian2000は、全てのSNPが未記載の上チベットのどこかも判然とせず全く評価し得ない。よってBing Su2000bはQian2000の一部を現在のDEのSNPであるM1で再確認した上で修正したものとして評価する。Qian2000は、Yaping Qian·Binzhi Qian·Bing Su·Jiankun Yu·Yuehai Ke·Zhengtao Chu·Lei Shi·Daru Lu·Jiayou Chu·Li Jin"Multiple origins of Tibetan Y chromosomes"の略

*11:Shi,Hong2008によればプミ族34/47、Bo Wen2004によれば雲南省寧ロウイ族自治県1/47。

*12:Shi,Hong2008

*13:Shi,Hong2008によればナシ族28/87、Bo Wen2004によれば雲南省麗江市0/40、Su,Bing2000bによればナシ族0/18、 Sengupta S2006によればナシ族0/8

*14:Shi,Hong2008

*15:Sengupta S2006によればダウール族1/7、Shi,Hong2008によればダウール族0/4

*16:Soon-Hee Kim2011

*17:Shi,Hong2008によればイ族2/54、Bo Wen2004によれば雲南省の双柏県5/50、シーサンパンナ・タイ族自治州0/18、Sengupta S2006によればイ族2/9

*18:以上Shi,Hong2008

*19:以上Shi,Hong2008

*20:Shi,Hong2008によればミャオ族10/212、Sengupta S2006によればミャオ族0/7

*21:Shi,Hong2008によればタイ族8/176=4.55%、Sengupta S2006によればDai people0/7

*22:Shi,Hong2008

*23:Karafet1999

*24:Shi,Hong2008

*25:Shi,Hong2008によればペー族5/199、Bo Wen2004によれば雲南省の大理市(Su2000b採用)2/48、シーサンパンナ・タイ族自治州0/20、Su,Bing2000bによればぺー族1/13

*26:Trejaut2014によればタイ3/75、Soon-Hee Kim2011によればタイ1/40、Tajima2004によればタイ1/34、Trejaut2014によればタイ北部のハニ族0/27。 Trejaut2014は下記論文。下記論文を今後Trejaut2014と呼びます。Jean A Trejaut, Estella S Poloni,Ju-Chen Yen,Ying-Hui Lai,Jun-Hun Loo,Chien-Liang Lee,Chun-Lin He and Marie Lin"Taiwan Y-chromosomal DNA variation and its relationship with Island Southeast Asia"http://bmcgenet.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2156-15-77

*27:Trejaut2014によればハノイ1/24、Soon-Hee Kim2011によればハノイ1/48

*28:Shi,Hong2008

*29:Karafet1999

*30:Shi,Hong2008によれば中国の北西部36/614・北部7/454・南部11/768、Soon-Hee Kim2011によれば北京2/51・雲南省1/60、福建省0/68(Su,Bing2000bによれば福建省0/13、Trejaut2014によれば福建省0/55)、Su,Bing2000bによれば山東省0/32・河南省0/28・安徽省0/22・浙江省0/50・江蘇省0/55・上海0/30・河北省0/18・四川省0/14・江西省0/21・湖南省0/15・雲南省0/27・広西チワン族自治区0/3・広東省0/15・その他中国北部0/22、Trejaut2014によれば台湾の漢民族1/352、Tajima2004によれば台湾の漢民族0/21・中国北部の漢民族0/49、Sengupta S2006によれば漢民族0/24

*31:Soon-Hee Kim2011によれば韓国人8/506、Karafet1999によれば朝鮮人2/28、Shi,Hong2008によれば中国にいる朝鮮民族0/46

*32:Shi,Hong2008によればチンプオ族1/50、Su,Bing2000bによればチンプオ族0/5

*33:Shi,Hong2008によればトゥチャ族3/116、Bo Wen2004によれば湖南省の西部0/68・永順県1/38、Sengupta S2006によればトゥチャ族0/9

*34:Karafet1999によればモンゴル人4/148、Soon-Hee Kim2011によればモンゴル0/81・ハルハ1/45、Shi,Hong2008によれば中国にいるモンゴル人0/87、Sengupta S2006によればモンゴル系民族1/7

*35:Shi,Hong2008によれば満州人1/125、Soon-Hee Kim2011によれば満州人0/30

*36:Shi,Hong2008によればヌー族1/52、Bo Wen2004によれば雲南省貢山トールン族ヌー族自治県0/28

*37:Apatani people1/38=2.63%(Cordaux,R2004によれば1/33、Su,Bing2000bによれば0/5)、Adi people1/60=1.67%(Cordaux,R2004によれば1/55、Su,Bing2000bによれば0/5)、その他インド北東部2/173=1.16%(Cordaux,R2004)、Nyishi族(Su,Bing2000bによれば0/9、Cordaux,R2004によれば0/51)、ナガ族(Su,Bing2000bによれば0/3、Cordaux,R2004によれば0/34)、Kachari族0/20・Rabha族0/17(Su,Bing2000b)。Cordaux,R2004は下記論文。下記論文を今後Cordaux,R2004と呼びます。Richard Cordaux,Gunter Weiss,Nilmani Saha and Mark Stoneking"The Northeast Indian Passageway: A Barrier or Corridor for Human Migrations?"http://m.mbe.oxfordjournals.org/content/21/8/1525.long?view=long&pmid=15128876

*38:Karafet1999によればブリヤート人0/81、Soon-Hee Kim2011によればブリヤート人1/36、Tajima2004によればブリヤート0/61

*39:Hammer2006によれば東南アジア18/683=2.64%、Karafet1999によれば東南アジア1/38=2.63%

*40:ウイグル+モンゴル+アルタイ+チベット。Hammer2006

*41:韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+ニヴフ+エベンキ+エヴェン+オロチョン。Hammer2006とTajima2004

*42:インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア。Hammer2006

*43:0%は以下の通り。 【アフリカ】 Karafet1999によれば、バントゥー系民族(東部0/55西部0/53)・ガンビア人0/48・エジプト人0/36・東部アフリカ0/43・カポイド0/75・ピグミー0/38。 【西欧】 Karafet1999によればイングランド人0/32・ドイツ人0/32・イタリア人0/39・ギリシャ人0/42。 【ロシア】 オロチョン族0/30(Karafet1999によればオロチョン族0/23、Sengupta S2006によればオロチョン族0/7)、ヤクート0/38(Karafet1999によればヤクート0/20、Sengupta S2006によればヤクート0/18)。 Sengupta S2006によればナナイ0/6。 Karafet1999によればロシア人0/30・コミ人0/8・ネネツ人(森林地帯0/27・ツンドラ地帯0/52)・ケット人0/12・セリクプ人0/122・シベリアエヴェンキ0/95・エヴェン0/41・シベリアのエスキモー0/22・チュクチ0/4・コリャーク人0/12・ユカギール0/12。Tajima2004によればニヴフ0/21。 【中国】 リス族0/99(Shi,Hong2008によればリス族0/50、Bo Wen2004によれば雲南省福貢県0/49)、ハニ族0/76(Shi,Hong2008によればハニ族0/42、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/34)、ラフ族0/113(Shi,Hong2008によればラフ族0/78、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/15、Su,Bing2000bによれば雲南省0/13、S2006によればラフ族0/7)、ジーヌオ族0/36(Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/18、Su,Bing2000bによればジーヌオ族0/18)、シェ族0/19(Shi,Hong2008によればシェ族0/12、Sengupta S2006によればシェ族0/7)。Shi,Hong2008によれば中国国内のダウール族0/4・エヴェンキ0/31・トーロン族0/30・アチャン族0/40・コーラオ族0/14・マオナン族0/15・トーアン族0/45・ワ族0/31・プーラン族0/29、Bo Wen2004によればAini(雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州のロロ・ビルマ語群)0/52、Su,Bing2000bによればカレン族0/19。Karafet1999によれば中国南部0/26・満州エヴェンキ0/41。Sengupta S2006によればトゥ族0/7・ウイグル0/8・シベ族0/8。 【東南アジア】 台湾の原住民(Tajima2004によれば台湾の原住民0/223、Soon-Hee Kim2011によれば平野部の部族0/370・北部の山間原住民0/112・南部の山間原住民0/146・他の部族0/355)。 インドネシア(Trejaut2014によればインドネシア0/246、Soon-Hee Kim2011によればジャワ島0/37、Karafet1999によればインドネシア0/53)。 フィリピン(Trejaut2014によればフィリピン0/146・イヴァタン人 (バタン諸島)0/24、Soon-Hee Kim2011によればフィリピン人0/64、Tajima2004によればフィリピン0/50)。 マレーシア(Trejaut2014によればマレーシア0/8、Tajima2004によればマレーシア0/12) 。 Sengupta S2006によればカンボジア0/6。 【南アジア】 Gayden2007によればネパールの0%はタマン族0/45、ネワール族0/66、カトマンズ0/77。  Hammer2006によれば南アジア(インド+スリランカ)0/496。 Karafet1999によればインド人0/60。 インド0/728=0%(Chamar(シュードラ)0/18、ムスリム0/19、ラージプート0/29、ウッタル・プラデーシュ州のバラモン0/14、Chakma people0/4、Jamatia0/30、Mog people0/5、Mizo people0/27、Tripuri people0/21、Agharia0/10、Bagdi0/11、Gauda Brahmins0/5、Ho people0/30、Lodha0/20、Mahishya0/13、Santhal people0/14、Tanti0/7、西ベンガル州バラモン0/18、Ambalakarar(ドラヴィダ人)0/29、Irula people(ドラヴィダ人)0/30、Iyengar(ドラヴィダ人)0/30、Iyer(ドラヴィダ人)0/29、ドラヴィダ人のKoya (tribe)0/27、ドラヴィダ人のKota people (India)0/16、Hill Reddis(ドラヴィダ人)0/30、Kurumba Gounder(ドラヴィダ人)0/19、Pallar(ドラヴィダ人)0/29、Toda people(ドラヴィダ人)0/8、Vanniyar(ドラヴィダ人)0/25、Vellalar(ドラヴィダ人)0/31、Halba0/21、Kamar(ドラヴィダ人)0/30、Muria people(ドラヴィダ人)0/20、Koknasth Brahmin(Chitpavan参照)0/25、Maratha0/20、Nav Buddha0/14) パキスタン0/176=0%(ブルショー人0/20、ハザーラ人0/25、カラシュ人0/20、パシュトゥーン人0/20、Baloch people0/25、Brahui people0/25、Makrani caste0/20、Sindhis0/21。以上Sengupta S2006) 【中央アジア】 Sengupta S2006によれば中央アジア0/10、Karafet1999によればカザフ0/22。 【オセアニア】 Karafet1999によればアボリジニ0/31、パプアニューギニア0/47、メラネシア0/55) 【北米】 Karafet1999によればアラスカのエスキモー0/4、エスキモーのイヌイット0/62、タナナ川付近の先住民族0/12、ナバホ族0/56、シャイアン族0/44、Havasupai0/10、Pima people0/24。 【中米】 Karafet1999によればプエブロ0/18、サポテコ族0/15、Ngabe0/17、Kuna people0/12、Embera people0/10、Embera-wounaan0/15、ミヘー0/12、ミシュテカ0/29。 【南米】 Karafet1999によればWayuu people0/26、Karitiana people0/2、Paiter people0/3、チリ人0/3

*44:Nonaka2007のその他11/29、日本列島とアイヌ、Soon-Hee Kim2011の日本人46/157を含む

*45:Tajima2004によればアイヌ14/16、Hammer2006によれば3/4

*46:Sato2014は札幌市成人72/206、学生101/302

*47:Tajima2004は本州30/82、Sato2014は大阪市成人74/241、金沢市(成人76/232、学生97/298)、川崎市学生107/321、Nonaka2007は関東66/137・本州西部26/97、Hammer2006によれば青森県10/26、静岡県20/61

*48:Sato2014は徳島市学生119/388、Hammer2006によれば徳島県18/70

*49:Tajima2004は九州29/104、Sato2014は福岡市成人34/102、長崎市学生90/300、Hammer2006によれば九州14/53

*50:Tajima2004によれば沖縄25/45、Hammer2006によれば沖縄25/45

*51:Shi,Hong2008によればチベット人266/594、Bo Wen2004によれば青海省2/92(別の場所では91人記載)、雲南省シャングリラ市4/49、Gayden2007によればチベット73/156、Bing Su2000bによればチベット人(ラサ8/46、雲南省8/27

*52:Shi,Hong2008によればプミ族34/47、Bo Wen2004によれば雲南省寧ロウイ族自治県1/47

*53:Shi,Hong2008

*54:Shi,Hong2008によればナシ族28/87、Bo Wen2004によれば雲南省麗江市0/40、Su,Bing2000bによればナシ族0/18

*55:Shi,Hong2008

*56:Soon-Hee Kim2011

*57:以上Shi,Hong2008

*58:Shi,Hong2008によればイ族2/54、Bo Wen2004によれば雲南省の双柏県5/50、シーサンパンナ・タイ族自治州0/18

*59:以上Shi,Hong2008

*60:Shi,Hong2008

*61:Trejaut2014によればハノイ1/24、Soon-Hee Kim2011によればハノイ1/48

*62:Shi,Hong2008

*63:Trejaut2014によればタイ2/75、Soon-Hee Kim2011によればタイ1/40、Tajima2004によればタイ1/34、Trejaut2014によればタイ北部のハニ族0/27

*64:Shi,Hong2008によれば中国の北西部36/614・北部7/454・南部11/768、Soon-Hee Kim2011によれば北京2/51・雲南省1/60、福建省0/68(Su,Bing2000bによれば福建省0/13、Trejaut2014によれば福建省0/55)、Su,Bing2000bによれば山東省0/32・河南省0/28・安徽省0/22・浙江省0/50・江蘇省0/55・上海0/30・河北省0/18・四川省0/14・江西省0/21・湖南省0/15・雲南省0/27・広西チワン族自治区0/3・広東省0/15・その他中国北部0/22、Trejaut2014によれば台湾の漢民族1/352、Tajima2004によれば台湾の漢民族0/21・北部漢民族0/49

*65:Shi,Hong2008によればチンプオ族1/50、Su,Bing2000bによればチンプオ族0/5

*66:Shi,Hong2008によればトゥチャ族3/116、Bo Wen2004によれば湖南省の西部0/68、永順県1/38

*67:Shi,Hong2008によればペー族2/199、Bo Wen2004によれば雲南省の大理市(Su2000b採用)2/48、シーサンパンナ・タイ族自治州0/20、Su,Bing2000bによればぺー族1/13

*68:Soon-Hee Kim2011によれば韓国人8/506、中国にいる朝鮮民族0/46

*69:Soon-Hee Kim2011によればブリヤート人1/36=2.78%、Tajima2004によればブリヤート0/61=0%

*70:Shi,Hong2008によれば満州人1/125、Soon-Hee Kim2011によれば満州人0/30

*71:Soon-Hee Kim2011によればハルハ1/45・モンゴル0/81、中国にいるモンゴル人0/87

*72:ウイグル+モンゴル+アルタイ+チベット

*73:台湾+中国南部の漢民族とトゥチャ・イ・ミャオ・ヤオ・チワン・シェの各民族+ベトナム+マレーシア+フィリピン+インドネシア西部

*74:韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+ニヴフ+エベンキ+エヴェン+オロチョン。Hammer2006とTajima2004

*75:インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア

*76:0%は以下の通り。 Tajima2004によればロシアはニヴフ0/21=0%。 中国は、リス族0/99(Shi,Hong2008によればリス族0/50、Bo Wen2004によれば雲南省福貢県0/49)、ヌー族0/80(Shi,Hong2008によればヌー族0/52、Bo Wen2004によれば雲南省貢山トールン族ヌー族自治県0/28)、ハニ族0/76(Shi,Hong2008によればハニ族0/42、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/34)、ラフ族0/106(Shi,Hong2008によればラフ族0/78、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/15、Su,Bing2000によれば雲南省0/13)、ジーヌオ族0/36(Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/18、Su,Bing2000bによればジーヌオ族0/18)、Shi,Hong2008によればダウール族0/4・エヴェンキ0/31・回族0/24・トーロン族0/30・アチャン族0/40・コーラオ族0/14・マオナン族0/15・シェ族0/12・トーアン族0/45・ワ族0/31・プーラン族0/29、Bo Wen2004によればAini(雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州のロロ・ビルマ語群)0/52、Su,Bing2000bによればカレン族0/19。 台湾の原住民0/1206(Tajima2004によれば原住民0/223、Soon-Hee Kim2011によれば平野部の部族0/370、北部の山間原住民0/112、南部の山間原住民0/146、他の部族0/355)。 インドネシア0/283(Trejaut2014によればインドネシア0/246、Soon-Hee Kim2011によればジャワ島0/37) 。 フィリピン0/284(Trejaut2014によればフィリピン0/146・イヴァタン人 (バタン諸島)0/24、Soon-Hee Kim2011によればフィリピン人0/64、Tajima2004によればフィリピン0/50)。 マレーシア0/20(Trejaut2014によればマレーシア0/8、Tajima2004によればマレーシア0/12) 。 Su,Bing2000bによればインド北東部のKachari族0/20・Rabha族0/17・ナガ族0/3・Adi people0/5・Nyishi族0/9・Apatani people0/5。 Thangaraj2003によればミャンマー近くのインド領アンダマン・ニコバル諸島は、オンゲ族0/23・ジャラワ族0/4・南・中・北アンダマン島に住む人0/10・ニコバル人0/11。 Gayden2007によればネパールの0%はタマン族0/45・ネワール族0/66・カトマンズ0/77。  Hammer2006によれば南アジア(インド+スリランカ)0/496

YAP(+)(Y染色体ハプログループDE)

DEになるまでの過程とYAPについてはY-DNAの系統図と説明で述べた通りです。
この章ではDEからD1bになる過程を少し詳細に説明し、このページではDE-YAP/M1を扱います。このページは随時修正します。
目次

サブクレードはこちらから。
E
D・D1・D2
D1a
D1b

【DE】

CT*集団からの移動・・80,000~70,000年前
DE*への変異・・・・・・・・80,000~59,100年前
サブクレード・・・・・・・・・D-M174,E-M96
主なSNP・・YAP/M1
DE*(xD,E)は以下の地域で見つかっているかもしれない。
△ナイジェリア(5/1247)・・・但し発見者自身が不存在かサブかもしれないと結構いい加減(怒)。
ギニアビサウ(17人)・・・いずれもナル語を話す人らしい。どうもナイジェリアのSNPより1つサブらしく、分類出来ないらしい。
チベット・・・Shi,Hong2008によればDE*-YAP(xD-M174,E-M40/M96/SRY4064)がチベット民族2/594=0.34%。*1
DE-YAPは以下の通り。
日本人1168/3457=33.79%*2
アイヌ17/20=85%位*3
北海道173/508=34.06%*4
本州506/1495=33.85%*5
四国137/458=29.91%*6
九州167/559=29.87%*7
沖縄50/90=55.56%*8
東部アフリカ41/43=95.35%、アフリカのガンビア人41/48=85.42%、サハラ以南のアフリカに分布するバントゥー系民族82/108=75.93%*9チベット系民族のプミ族68/94=72.34%*10インド領アンダマン・ニコバル諸島27/48=56.25%*11
アンダマン諸島の位置。

ジャラワ族。


アフリカの小人ピグミー21/38=55.26%、エジプト人18/36=50%*12チベット民族445/994=44.77%*13ギリシャ人14/42=33.33%*14、中国のナシ族43/145=29.66%*15チベット系民族のチャン族8/27=29.63%*16、主にアフリカ南部に生息しているカポイド21/75=28%、中央メキシコ原住民のサポテコ族2/15=13.33%、イタリア人5/39=12.82%*17、中国のヤオ族35/294=11.9%*18、中国のチワン族13/144=9.03%*19、中国の西安3/34=8.82%*20、南部メキシコ人2/29=6.9%*21、中国のイ族8/122=6.56%*22、中国のムーラオ族5/78=6.41%*23、ドイツ人2/32=6.25%*24、中国海南島のリー族3/55=5.45%、タイ族8/176=4.55%*25、元々米国の中央部に住んでいたインディアンの1つシャイアン族2/44=4.55%*26、元々米国のフロリダ州に住んでいたインディアンのセミノール1/23=4.35%*27、中国のミャオ族11/261=4.21%*28、中国の回族1/24=4.17%*29カンボジア人1/26=3.85%*30南米大陸の北端に住む原住民Wayuu people1/26=3.85%、アルタイ1/29=3.45%、ロシア人1/30=3.33%*31、中国のペー族9/280=3.21%*32、中国のトン族5/157=3.18%*33イングランド人1/32=3.13%*34ベトナムハノイ2/72=2.78%*35、中国のスイ族5/187=2.67%*36、タイ5/196=2.55%*37
中国のヌー族2/80=2.5%*38、ロシアのトゥバ共和国のトゥバ人1/40=2.5%*39、中国の漢民族67/2811=2.38%*40漢民族か原住民か不明な台湾人1/44=2.27%*41、中国のプイ族3/172=1.74%*42朝鮮人10/580=1.72%*43、中国のチンプオ族1/55=1.82%*44、中国のトゥチャ族4/222=1.8%*45、モンゴル人5/361=1.39%*46満州人2/155=1.29%*47
インド北東部の民族4/405=0.99%*48、ロシアのブリヤート人1/191=0.52%*49
東南アジア19/721=2.64%*50
中央アジア65/419=15.51%*51、北東アジア3/523=0.57%*52オセアニア1/209=0.48%*53*54

*1:0%はダウール族0/4・エヴェンキ0/31・モンゴル人0/87・朝鮮民族0/46、満州人0/125・回族0/24・漢民族(北西部)0/614、漢民族(北部)0/454・漢民族(南部)0/768・トゥチャ族0/116・チャン族0/27・イ族0/54・ペー族0/199・ハニ族0/42・ナシ族0/87・プミ族0/47・ラフ族0/78・トーロン族0/30・リス族0/50・ヌー族0/52・アチャン族0/40・チンプオ族0/50・プイ族0/123・チワン族(スペルミスか)0/116・タイ族0/176・トン族0/147・コーラオ族0/14・リー族0/55・ムーラオ族0/78・マオナン族0/15・スイ族0/95・ミャオ族0/212・シェ族0/12・ヤオ族0/284・トーアン族0/45・ワ族0/31・プーラン族0/29。 当該論文を今後Shi,Hong2008と言います。Hong Shi,Hua Zhong,Yi Peng,Yong-Li Dong,Xue-Bin Qi,Feng Zhang,Lu-Fang Liu,Si-Jie Tan,Runlin Z Ma,Chun-Jie Xiao,R Spencer Wells,Li Jin and Bing Su"Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2605740/

*2:Karafet1999の日本人55/118、Nonaka2007のその他11/29、Soon-Hee Kim2011の日本人46/157、Sengupta S2006の日本6/23、以下の日本列島とアイヌを含む。 Karafet1999は下記論文。今後当該論文をKarafet1999と言います。Karafet TM,Zegura SL,Posukh O,Osipova L,Bergen A,Long J,Goldman D,Klitz W,Harihara S,de Knijff P,Wiebe V,Griffiths RC,Templeton AR,Hammer MF."Ancestral Asian source(s) of new world Y-chromosome founder haplotypes."https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10053017 Nonaka2007は下記論文。当該論文は今後もNonaka2007と言います。日本人263人のハプログループ分類、次いで日本人263人のうち、 関東地方137人(東京都51人+千葉県45人+神奈川県14人+埼玉県13人+茨城県5人+栃木県5人+群馬県4人)、本州西部97人(長野県11人+富山県3人+岐阜県2人+石川県4人+滋賀県1人+京都府2人+大阪府2人+山梨県2人+静岡県12人+愛知県6人+三重県4人+和歌山県5人+兵庫県5人+鳥取県2人+岡山県6人+広島県3人+島根県3人+山口県2人+香川県4人+高知県1人+愛媛県4人+大分県3人+福岡県4人+熊本県3人+佐賀県2人+長崎県1人)を抜き出してハプログループ分類をしている。その他(北海道3人+沖縄県1人+青森県3人+秋田県3人+宮城県7人+新潟県6人+福島県6人)として29人もあえて抽出する。I.Nonaka,K.Minaguchi,N.Takezaki"Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms"http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full Soon-Hee Kim2011は下記論文。当該論文を今後もSoon-Hee Kim2011と言います。Soon-Hee Kim,Ki-Cheol Kim,Dong-Jik Shin,Han-Jun Jin,Kyoung-Don Kwak,Myun-Soo Han,Joon-Myong Song,Won Kim and Wook Kim"High frequencies of Y-chromosome haplogroup O2b-SRY465 lineages in Korea: a genetic perspective on the peopling of Korea" http://investigativegenetics.biomedcentral.com/articles/10.1186/2041-2223-2-10 過去の自分たちの論文のデータをより新しいSNPで再分類。 過去の論文はKim SH, Han MS, Kim W, Kim W: Y chromosome homogeneity in the Korean population. Int J Legal Med. 2010、Kim W, Shin DJ, Harihara S, Kim YJ: Y chromosomal DNA variation in east Asian populations and its potential for inferring the peopling of Korea. J Hum Genet. 2000、Jin HJ, Kwak KD, Hammer MF, Nakahori Y, Shinka T, Lee JW, Jin F, Jia X, Tyler-Smith C, Kim W: Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications for the dual origins of the Koreans. Hum Genet. 2003 Sengupta S2006は下記論文。以下Sengupta S2006と言います。論文ではDはD1a1、D1b、D*(xD1a1,D1b)に分類しているが、日本人6/23がD1a1で、且つD1b含めその他Dはいないという結果になっている。インド人の合計が合わなかったり、中央アジアが抜けていたこともあり、日本人6/23は強引にDとして数え用いる。 Sanghamitra Sengupta,Lev A.Zhivotovsky,Roy King,S.Q.Mehdi,Christopher A.Edmonds,Cheryl-Emiliane T.Chow,Alice A.Lin,Mitashree Mitra,Samir K.Sil,A.Ramesh,M.V.Usha Rani,Chitra M.Thakur,L.Luca Cavalli-Sforza,Partha P.Majumder,Peter A. Underhill"Polarity and Temporality of High-Resolution Y-Chromosome Distributions in India Identify Both Indigenous and Exogenous Expansions and Reveal Minor Genetic Influence of Central Asian Pastoralists"http://www.cell.com/ajhg/fulltext/S0002-9297(07)62353-2

*3:Tajima2004によればアイヌ14/16、Hammer2006によれば3/4。 Tajima2004は下記論文参照。当該論文を今後Tajima2004と言います。Atsushi Tajima,Masanori Hayami,Katsushi Tokunaga,Takeo Juji,Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki,Keiichi Omoto and Satoshi Horai"Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" http://www.nature.com/jhg/journal/v49/n4/full/jhg200432a.html Hammer2006は下記論文参照。当該論文を今後Hammer2006と言います。Michael F Hammer,Tatiana M Karafet, Hwayong Park,Keiichi Omoto,Shinji Harihara, Mark Stoneking and Satoshi Horai"Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes" http://www.nature.com/jhg/journal/v51/n1/full/jhg20068a.html

*4:Sato2014は札幌市成人72/206・学生101/302。 Sato2014は下記論文参照。当該論文を今後Sato2014と言います。YOUICHI SATO,TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS,AIKO YAMAUCHI,TERUAKI IWAMOTO,YUTAKA NAKAHORI"Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males" https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase/122/3/122_140709/_html

*5:Tajima2004は本州30/82、Sato2014は大阪市成人74/241・金沢市(成人76/232、学生97/298)・川崎市学生107/321、Nonaka2007は関東66/137・本州西部26/97、Hammer2006によれば青森県10/26・静岡県20/61

*6:Sato2014は徳島市学生119/388、Hammer2006によれば徳島県18/70

*7:Tajima2004は九州29/104、Sato2014は福岡市成人34/102、長崎市学生90/300、Hammer2006によれば九州14/53

*8:Tajima2004によれば沖縄25/45、Hammer2006によれば沖縄25/45

*9:東部37/55=67.27%・西部45/53=84.91%。以上Karafet1999

*10:Shi,Hong2008によればプミ族34/47、Bo Wen2004によれば雲南省寧ロウイ族自治県34/47。 Bo Wen2004は下記論文。当該論文をBo Wen2004と言います。 Bo Wen,Xuanhua Xie,Song Gao,Hui Li,Hong Shi,Xiufeng Song,Tingzhi Qian,Chunjie Xiao,Jianzhong Jin,Bing Su,Daru Lu,Ranajit Chakraborty and Li Jin"Analyses of Genetic Structure of Tibeto-Burman Populations Reveals Sex-Biased Admixture in Southern Tibeto-Burmans"https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1181980/

*11:Thangaraj2003によればD*-M174(xD1b-M55,D1a1-M15)でオンゲ族23/23=100%・ジャラワ族4/4=100%・アンダマン諸島に住む人0/10・ニコバル諸島に住む人0/11。 Thangaraj2003はアンダマン・ニコバル諸島で変なの見つけたという下記論文。 Kumarasamy Thangaraj,Lalji Singh,Alla G. Reddy,V.Raghavendra Rao,Subhash C.Sehgal,Peter A.Underhill,Melanie Pierson,Ian G.Frame,Erika Hagelberg"Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population"http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(02)01336-2

*12:以上Karafet1999

*13:Karafet1999によればチベット民族16/30、Shi,Hong2008によればチベット民族280/594、Bo Wen2004によれば青海省21/92(別の場所では91人記載)・雲南省シャングリラ市18/49、Gayden2007によればチベット79/156、Bing Su2000bによればチベット民族(ラサ19/46、雲南省12/27)。 Gayden2007はネパール周辺のハプログループを分類した論文。Tenzin Gayden,Alicia M. Cadenas,Maria Regueiro,Nanda B.Singh,Lev A. Zhivotovsky,Peter A. Underhill,Luigi L.Cavalli-Sforza,and Rene J.Herrera"The Himalayas as a Directional Barrier to Gene Flow" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1852741/?tool=pmcentrez Su,Bing2000bはシナ・チベット語族607人のハプログループ分類をした下記論文。ここではSu,Bing2000bと呼びます。 Bing Su・Chunjie Xiao·Ranjan Deka·Mark T. Seielstad·Daoroong Kangwanpong·Junhua Xiao·Daru Lu·Peter Underhill·Luca Cavalli-Sforza·Ranajit Chakraborty·Li Jin"Y chromosome haplotypes reveal prehistorical migrations to the Himalayas."なおSu,Bing2000bのチベット人H2の数値はQian2000のものだが、Qian2000は、全てのSNPが未記載の上チベットのどこかも判然とせず全く評価し得ない。よってBing Su2000bはQian2000の一部を現在のDEのSNPであるM1で再確認した上で修正したものとして評価する。Qian2000は、Yaping Qian·Binzhi Qian·Bing Su·Jiankun Yu·Yuehai Ke·Zhengtao Chu·Lei Shi·Daru Lu·Jiayou Chu·Li Jin"Multiple origins of Tibetan Y chromosomes"の略

*14:Karafet1999

*15:Shi,Hong2008によればナシ族28/87、Bo Wen2004によれば雲南省麗江市15/40、Su,Bing2000bによればナシ族0/18

*16:Shi,Hong2008

*17:以上Karafet1999

*18:Dongna Li2010によればヤオ族のブヌ族3/10、Shi,Hong2008によればヤオ族32/284。 Dongna Li(2010)は中国人によるタイ・カダイ語族の下記研究。下記論文を今後Dongna Li2010と呼びます。Dongna Li,Yuantian Sun,Yan Lu,Laura F Mustavich,Caiying Ou,Zhenjian Zhou,Shilin Li,Li Jin and Hui Li"Genetic origin of Kadai-speaking Gelong people on Hainan island viewed from Y chromosomes"http://www.nature.com/jhg/journal/v55/n7/full/jhg201050a.html

*19:Dongna Li2010によればチワン族1/28、Soon-Hee Kim2011によればチワン族12/116

*20:Soon-Hee Kim2011

*21:アメリカ大陸まで含めている下記論文を引用。下記論文を今後Lell, Jeffrey T2001-2002と呼びます。Jeffrey T.Lell,Rem I.Sukernik,Yelena B.Starikovskaya,Bing Su,Li Jin,Theodore G.Schurr,Peter A.Underhill and Douglas C.Wallace"The Dual Origin and Siberian Affinities of Native American Y Chromosomes"https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC384887/?tool=pubmed

*22:Shi,Hong2008によればイ族2/54、Bo Wen2004によれば雲南省の双柏県6/50、シーサンパンナ・タイ族自治州0/18

*23:Shi,Hong2008

*24:Karafet1999

*25:以上Shi,Hong2008

*26:Karafet1999

*27:Dongna Li2010

*28:Dongna Li2010によればミャオ族のモン族1/49、Shi,Hong2008によればミャオ族10/212

*29:Shi,Hong2008

*30:Dongna Li2010

*31:以上Karafet1999

*32:Shi,Hong2008によればペー族5/199、Bo Wen2004によれば雲南省の大理市3/48・シーサンパンナ・タイ族自治州0/20、Su,Bing2000bによればぺー族1/13

*33:Dongna Li2010によればトン族0/10、Shi,Hong2008によればトン族5/147

*34:Karafet1999

*35:Trejaut2014によればハノイ1/24、Soon-Hee Kim2011によればハノイ1/48。 Trejaut2014は下記論文。下記論文を今後Trejaut2014と呼びます。Jean A Trejaut, Estella S Poloni,Ju-Chen Yen,Ying-Hui Lai,Jun-Hun Loo,Chien-Liang Lee,Chun-Lin He and Marie Lin"Taiwan Y-chromosomal DNA variation and its relationship with Island Southeast Asia"http://bmcgenet.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2156-15-77

*36:Dongna Li2010によればスイ族0/92、Shi,Hong2008によれば5/95

*37:Dongna Li2010によればタイ0/20、Trejaut2014によればタイ3/75・タイ北部のハニ族0/27、Soon-Hee Kim2011によればタイ1/40、Tajima2004によればタイ1/34

*38:Shi,Hong2008によればヌー族1/52、Bo Wen2004によれば雲南省貢山トールン族ヌー族自治県1/28

*39:Lell,Jeffrey T2001-2002

*40:福建省0/81(Dongna Li2010によれば福建省0/13、Su,Bing2000bによれば福建省0/13、Trejaut2014によれば福建省0/55)、海南省0/15(Dongna Li2010)、河南省0/56(Dongna Li2010によれば河南省0/28、Su,Bing2000bによれば河南省0/28)、中国の北西部40/614・北部7/454・南部11/768(Shi,Hong2008)、北京2/51・雲南省1/60(Soon-Hee Kim2011)、江西省2/42(Su,Bing2000bによれば江西省1/21、Dongna Li2010によれば江西省1/21)、四川省1/14・江西省1/21・上海1/30・江蘇省1/55・山東省0/32・安徽省0/22・浙江省0/50・河北省0/18・湖南省0/15・雲南省0/27・広西チワン族自治区0/3・広東省0/15・その他中国北部0/22(Su,Bing2000b)、台湾の漢民族1/352(Trejaut2014)、台湾の漢民族0/21・北部漢民族0/49(Tajima2004)。

*41:Karafet1999

*42:Shi,Hong2008によればプイ族3/123、Dongna Li2010によればプイ族0/49

*43:Soon-Hee Kim2011によれば韓国人8/506、Karafet1999によれば朝鮮人2/28、Shi,Hong2008によれば中国にいる朝鮮民族0/46

*44:Shi,Hong2008によればチンプオ族1/50、Su,Bing2000bによればチンプオ族0/5

*45:Shi,Hong2008によればトゥチャ族3/116、Bo Wen2004によれば湖南省の西部0/68、永順県1/38

*46:Karafet1999によればモンゴル人4/148、Soon-Hee Kim2011によればモンゴル0/81・ハルハ1/45、Shi,Hong2008によれば中国にいるモンゴル人0/87

*47:Shi,Hong2008によれば満州人1/125、Soon-Hee Kim2011によれば満州人0/30

*48:Apatani people1/38(Cordaux,R2004によれば1/33、Su,Bing2000bによれば0/5)、Adi people1/60(Cordaux,R2004によれば1/55、Su,Bing2000bによれば0/5)、Cordaux,R2004によればその他インド北東部2/173、Nyishi族(Su,Bing2000bによれば0/9、Cordaux,R2004によれば0/51)、ナガ族(Su,Bing2000bによれば0/3、Cordaux,R2004によれば0/34)、Kachari族0/20・Rabha族0/17(以上Su,Bing2000b)。 Cordaux,R2004は下記論文。下記論文を今後Cordaux,R2004と呼びます。Richard Cordaux,Gunter Weiss,Nilmani Saha and Mark Stoneking"The Northeast Indian Passageway: A Barrier or Corridor for Human Migrations?"http://m.mbe.oxfordjournals.org/content/21/8/1525.long?view=long&pmid=15128876

*49:Lell,Jeffrey T2001-2002によればブリヤート人0/13、Karafet1999によればブリヤート人0/81、Soon-Hee Kim2011によればブリヤート人1/36、Tajima2004によればブリヤート0/61

*50:Hammer2006によれば東南アジア18/683、Karafet1999によれば東南アジア1/38

*51:ウイグル+モンゴル+アルタイ+チベット。Hammer2006

*52:韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+ニヴフ+エベンキ+エヴェン+オロチョン。Hammer2006とTajima2004

*53:インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア。Hammer2006

*54:0%は以下の通り。 【ロシア】 エヴェンキ(Lell,Jeffrey T2001-2002によればエニセイ川0/31・オホーツク海0/16、Karafet1999によればシベリアエヴェンキ0/95)、ニヴフ(Lell,Jeffrey T2001-2002によればオホーツク海0/17、Tajima2004によればニヴフ0/21)、コリャーク人(Lell,Jeffrey T2001-2002によればカムチャッカ半島0/27、Karafet1999によればコリャーク人0/12)、シベリアのエスキモー(Lell,Jeffrey T2001-2002によればチュクチ半島(ロシア最東端)0/33、Karafet1999によればシベリアのエスキモー0/22)、チュクチ(Lell,Jeffrey T2001-2002によればチュクチ半島0/24、Karafet1999によればチュクチ0/4)、Lell,Jeffrey T2001-2002によればトファ人0/19 (ロシアのイルクーツク州)・ウリチとナナイ(アムール川)0/53・ネギダール(アムール川上流0/10、アムール川0/7)・ウデヘ0/20・カムチャッカ半島のイテリメン族0/18、Karafet1999によればコミ人0/8・ネネツ人(森林地帯0/27・ツンドラ地帯0/52)・ケット人0/12・セリクプ人0/122・エヴェン0/41・オロチョン族0/23・ヤクート0/20・ユカギール0/12。 【中国】 Dongna Li2010によればタイ・カダイ語族村語のGelong語のCun族(海南島)0/79・リー族(海南島)0/11、コーラオ族(Dongna Li2010によればコーラオ族0/30、Shi,Hong2008によればコーラオ族0/14)、リス族0/99(Shi,Hong2008によればリス族0/50、Bo Wen2004によれば雲南省福貢県0/49)、ハニ族0/76(Shi,Hong2008によればハニ族0/42、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/34)、ラフ族0/106(Shi,Hong2008によればラフ族0/78、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/15、Su,Bing2000bによれば雲南省0/13)、ジーヌオ族0/36(Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/18、Su,Bing2000bによればジーヌオ族0/18)、Shi,Hong2008によれば中国国内のダウール族0/4・エヴェンキ0/31・トーロン族0/30・アチャン族0/40・マオナン族0/15・シェ族0/12・トーアン族0/45・ワ族0/31・プーラン族0/29、Bo Wen2004によればAini(雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州のロロ・ビルマ語群)0/52、Su,Bing2000bによればカレン族0/19。Karafet1999によれば中国南部0/26・満州エヴェンキ0/41。 【東南アジア】 台湾の原住民(Tajima2004によれば台湾の原住民0/223、Trejaut2014によれば平野部の部族0/370・北部の山間原住民0/112・南部の山間原住民0/146・他の部族0/355、Dongna Li2010によればタイヤル族(台湾北部)0/24・パイワン族(台湾南東端)0/11)。 インドネシア0/336(Trejaut2014によればインドネシア0/246、Soon-Hee Kim2011によればジャワ島0/37、Karafet1999によればインドネシア0/53)。 フィリピン0/284(Trejaut2014によればフィリピン0/146・イヴァタン人 (バタン諸島)0/24、Soon-Hee Kim2011によればフィリピン人0/64、Tajima2004によればフィリピン0/50)。 マレーシア0/33(Dongna Li2010によればマレーシア0/13、Trejaut2014によればマレーシア0/8、Tajima2004によればマレーシア0/12) 。 【南アジア】 Gayden2007によればネパールの0%はタマン族0/45・ネワール族0/66・カトマンズ0/77。  Hammer2006によれば南アジア(インド+スリランカ)0/496。 Karafet1999によればインド人0/60。 【中央アジア】 Karafet1999によればカザフ0/22。 【オセアニア】 Karafet1999によればアボリジニ0/31・パプアニューギニア0/47・メラネシア0/55。 【北米】 ナバホ族0/86(Lell,Jeffrey T2001-2002によればナバホ族0/30、Karafet1999によればナバホ族0/56)、エスキモー(アラスカ0/4、イヌイット0/62)・タナナ川付近の先住民族0/12・Havasupai0/10・Pima people0/24(以上Karafet1999)。 【中米】 Kuna people0/15(パナマ、コロンビア。 Lell,Jeffrey T2001-2002によればKuna people0/3、Karafet1999によればKuna people0/12)、Boruca(コスタリカ)0/23・Guaymi(コスタリカパナマ)0/21・Bribri/Cabecar(コスタリカ)0/13(以上Lell,Jeffrey T2001-2002)、プエブロ0/18・Ngabe0/17・Embera people0/10・Embera-wounaan0/15・ミヘー0/12・ミシュテカ0/29(以上Karafet1999)。 【南米】 Karafet1999によればKaritiana people0/2・Paiter people0/3・チリ人0/3、Lell,Jeffrey T2001-2002によればyanomami(ブラジル北部とベネズエラ南部)0/30・Ye'kuana people(ベネズエラとブラジル)0/25・Kraho(ブラジル)0/7・Piaroa people(ベネズエラとコロンビア)0/6・Panoa(ペルー、ブラジル西部、ボリビア)0/4・Macushi people(ブラジル、ガイアナベネズエラ)0/5・Wapishana people (ガイアナ南部とブラジル北部)0/2

目次

ご覧になられている方に質問。

次回更新の方針について
①DE系統のデータ量を増やす
②C1a1のデータ量を増やす・見やすくする
③C2を新規更新する
④Oの日本人のデータ量を増やす
⑤Oの外国人のデータ量を増やす
⑥以上のハプログループ以外の日本人を新規更新する
⑦何でもいいから自説、日本人に関連する民族とその文化・伝統の継承を新規更新する
⑧その他コラムとして(mtDNA・常染色体、ガン細胞)

①~⑧までは全部やりたいが、時間がかかるので優先順位で迷っています。もし、希望があれば下のコメント欄に書き込んでください。



1.Y染色体ハプログループ
1-1.最初に(サイトを読む注意事項あり)
1-2.Y-DNAの系統図
1-3.日本人が共有するSNP
1-4.YAP(+)
1-4-1.DE
1-4-2.E
1-4-3.D・D1・D2
1-4-4.D1a
1-4-5.D1b
1-5.CF・C・F・C1・C1a・C1b・C1a2
1-5-1.C1a1
1-5-2.C2
1-6.GHIJK・HIJK・IJK・IJ
1-6-1.I
1-7.K・K2・NO・K2a
1-7-1.N
1-7-2.O(直近の更新。日本人のみ。)
1-8.K2b・P・P1
1-8-1.Q
1-8-2.R

2.自説

3.日本人に関連する民族とその文化・伝統の継承
3-1.D
3-2.C1
3-3.C2
3-4.N
3-5.O

Y染色体ハプログループD1a

従来D1bは日本に入ってからM55の変異を起こしたと考えられましたが、D1a、D1a1の変異が先にチベット付近で起こり、D1aの一部と後にD1bになるD1の一部が一緒に日本にたどり着いた可能性が考えられます。
目次
DE
E
D・D1・D2

D1b

【D1a】

D1a*への変異・68,028~37,515年前*1
主なSNP・・・Z27276*2
D1a-Z27276はごく最近登録されたハプログループの為、このSNPでの検査データを確認していない。主にD1a1のM15が検査対象になってきた。

D1a-Z27276全体

日本人4/3316=0.12%以上*3チベット人361/964=37.45%*4プミ族35/94=37.23%*5チャン族8/27=29.63%*6ナシ族28/145=19.31%*7、ヤオ族32/284=11.27%*8西安3/34=8.82%*9チワン族9/116=7.76%、ムーラオ族5/78=6.41%*10、イ族7/122=5.74%*11、リー族3/55=5.45%、スイ族5/95=5.26%、ミャオ族10/212=4.72%、トン族5/147=3.4%*12タイ族5/176=2.84%*13ベトナムハノイ2/72=2.78%*14、プイ族3/123=2.44%*15、タイ4/176=2.27%*16、中国の漢民族57/2734=2.08%*17、チンプオ族1/55=1.82%*18、トゥチャ族4/222=1.8%*19、ペー族5/280=1.79%*20ブリヤート人1/97=1.03%*21満州人1/155=0.65%*22、モンゴル人1/213=0.47%*23
Hammer2006によれば、中央アジア56/419=13.37%*24、東南アジア18/683=2.64%*25*26
f:id:disa-japan:20161210233040j:plain
ちなみに画像の10~14がチベット人、43がプミ族、38がチャン族、42がナシ族、68・69がヤオ族、52・53がチワン族、60がムーラオ族、39がイ族、59がリー族、62・63がスイ族、64~66がミャオ族、55~57がトン族、54がタイ族、50・51がプイ族、16~35が漢民族、49がチンプオ族、36・37がトゥチャ族、40がペー族、7・8が満州人。
f:id:disa-japan:20161211005024j:plain
f:id:disa-japan:20161211003259j:plain
チベット亡命政府チベット国領域の地図と中国の地図を見ると、元々チベット国だった地域、チベット自治区青海省の全域と甘粛省四川省雲南省の一部に加えて、広く雲南省広西チワン族自治区貴州省にまで生息していることがわかる。さらには少ないながらもモンゴルのハルハ、満州ブリヤートと北部にも広がっている。
f:id:disa-japan:20161211113143j:plain
チベット亡命政府元首のダライ・ラマ。表情や人柄がよく撮れているのでこの写真にした。

D1a1-M15

日本人4/3316=0.12%*27チャン族8/27=29.63%*28チベット人126/964=13.07%*29ヤオ族32/284=11.27%*30西安3/34=8.82%*31チワン族9/116=7.76%、ムーラオ族5/78=6.41%*32、イ族7/122=5.74%*33、リー族3/55=5.45%、スイ族5/95=5.26%、ミャオ族10/212=4.72%、トン族5/147=3.4%*34ベトナムハノイ2/72=2.78%*35、プイ族3/123=2.44%、タイ族4/176=2.27%*36、タイ4/176=2.27%*37、プミ族2/94=2.13%*38、チンプオ族1/55=1.82%*39、トゥチャ族4/222=1.8%*40、ペー族5/280=1.79%*41、中国の漢民族41/2734=1.5%*42、ナシ族2/145=1.38%*43ブリヤート人1/97=1.03%*44、モンゴル人1/213=0.47%*45満州人1/155=0.65%*46
Hammer2006によれば、中央アジア18/419=4.3%*47、東南アジア18/683=2.64%*48*49
D1a1a1a-Z27338
日本人1人*50
D1a1a1a1-PH344
カザフスタン1人、ロシア1人、中国にも見られる。*51
D1a1a1a2-Z31591
ネパールのタマン族、アフガニスタン、イ族に見られる*52

D1a1a2-F1070

中国3人*53
チャン族
f:id:disa-japan:20161211011206j:plain
チベット人
f:id:disa-japan:20161211120936j:plain
ヤオ族
f:id:disa-japan:20161211020842j:plain

D1a2-P99

下記サブクレードの民族の他、アフガニスタン、モンゴルにも見られる*54

D1a2a-P47

中国のプミ族33/47=70.21%*55チベット民族235/750=31.33%*56ナシ族26/87=29.89%*57漢民族16/1836=0.87%*58タイ族1/176=0.57%*59
中央アジア*60で38/419=9.07%*61*62

D1a2a1-Z34142/PH116

ルーマニア1人、国籍不明1人*63
プミ族
f:id:disa-japan:20161211013058j:plain
チベット人
f:id:disa-japan:20161211121016j:plain
ナシ族
f:id:disa-japan:20161211014244j:plain

*1:下記論文参照。当該論文を今後Shi,Hong2008と言います。Shi,Hong2008によればD1a1-M15は67,565~35,715年前、D1a2a-P47への変異は68,028~36,179年前に変異したとのことでD1aはそれよりか古い。Hong Shi,Hua Zhong,Yi Peng,Yong-Li Dong,Xue-Bin Qi,Feng Zhang,Lu-Fang Liu,Si-Jie Tan,Runlin Z Ma,Chun-Jie Xiao,R Spencer Wells,Li Jin and Bing Su"Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2605740/

*2:2015/1/20、ISOGG登録下記サイト参照。当該サイトを今後ISOGGといいます。http://isogg.org/tree/ISOGG_HapgrpD.html

*3:D1a1-M15が検出された割合。まずD1a2が検査されておらず、資料にはDとして纏めて検査したものもあるため。Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97・その他1/29、Sato2014によれば長崎市学生0/300・福岡市成人0/102・徳島市学生0/388・大阪市成人1/241・金沢市(学生0/298・成人0/232)・札幌市(学生1/302・成人0/206)・川崎市学生1/321、Soon-Hee Kim2011によれば日本人0/157、Hammer2006によれば日本人0/259、Tajima2004によればアイヌ0/16・本州0/82・九州0/104・沖縄0/45。 Nonaka2007は下記論文。当該論文は今後もNonaka2007と言います。日本人263人のハプログループ分類、次いで日本人263人のうち、 関東地方137人(東京都51人+千葉県45人+神奈川県14人+埼玉県13人+茨城県5人+栃木県5人+群馬県4人)、 本州西部97人(長野県11人+富山県3人+岐阜県2人+石川県4人+滋賀県1人+京都府2人+大阪府2人+山梨県2人+静岡県12人+愛知県6人+三重県4人+和歌山県5人+兵庫県5人+鳥取県2人+岡山県6人+広島県3人+島根県3人+山口県2人+香川県4人+高知県1人+愛媛県4人+大分県3人+福岡県4人+熊本県3人+佐賀県2人+長崎県1人)を抜き出してハプログループ分類をしている。 その他(北海道3人+沖縄県1人+青森県3人+秋田県3人+宮城県7人+新潟県6人+福島県6人)として29人もあえて抽出する。I.Nonaka,K.Minaguchi,N.Takezaki"Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms" http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full Sato2014は下記論文。当該論文を今後Sato2014と言います。YOUICHI SATO,TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS,AIKO YAMAUCHI,TERUAKI IWAMOTO,YUTAKA NAKAHORI"Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males" https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase/122/3/122_140709/_html Soon-Hee Kim2011は下記論文。当該論文を今後もSoon-Hee Kim2011と言います。Soon-Hee Kim,Ki-Cheol Kim,Dong-Jik Shin,Han-Jun Jin,Kyoung-Don Kwak,Myun-Soo Han,Joon-Myong Song,Won Kim and Wook Kim"High frequencies of Y-chromosome haplogroup O2b-SRY465 lineages in Korea: a genetic perspective on the peopling of Korea" http://investigativegenetics.biomedcentral.com/articles/10.1186/2041-2223-2-10 過去の自分たちの論文のデータをより新しいSNPで再分類。 過去の論文はKim SH, Han MS, Kim W, Kim W: Y chromosome homogeneity in the Korean population. Int J Legal Med. 2010、Kim W, Shin DJ, Harihara S, Kim YJ: Y chromosomal DNA variation in east Asian populations and its potential for inferring the peopling of Korea. J Hum Genet. 2000、Jin HJ, Kwak KD, Hammer MF, Nakahori Y, Shinka T, Lee JW, Jin F, Jia X, Tyler-Smith C, Kim W: Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications for the dual origins of the Koreans. Hum Genet. 2003。 Hammer2006は下記論文。当該論文を今後Hammer2006と言います。Michael F Hammer,Tatiana M Karafet, Hwayong Park,Keiichi Omoto,Shinji Harihara, Mark Stoneking and Satoshi Horai"Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes" http://www.nature.com/jhg/journal/v51/n1/full/jhg20068a.html Tajima2004は下記論文参照。当該論文を今後Tajima2004と言います。Atsushi Tajima,Masanori Hayami,Katsushi Tokunaga,Takeo Juji,Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki,Keiichi Omoto and Satoshi Horai"Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" http://www.nature.com/jhg/journal/v49/n4/full/jhg200432a.html

*4:Shi,Hong2008によればチベット人266/594、Bo Wen2004によれば青海省2/92(別の場所では91人記載)、雲南省シャングリラ市4/49、Gayden2007によればチベット73/156。Bing Su2000bによればチベット人16/73=21.92%(ラサ8/46、雲南省8/27)。 なおBing Su2000bのチベット人H3の数値はQian2000を参考にしたものだが、Qian2000は、全てのSNPが未記載の上チベットのどこかも判然とせず全く評価し得ない。よってBing Su2000bはQian2000の一部を現在のDEのSNPであるM1で再確認した上で修正したものとして評価する。Qian2000は、Yaping Qian·Binzhi Qian·Bing Su·Jiankun Yu·Yuehai Ke·Zhengtao Chu·Lei Shi·Daru Lu·Jiayou Chu·Li Jin"Multiple origins of Tibetan Y chromosomes"の略。 Bo Wen2004は下記論文。当該論文をBo Wen2004と言います。 Bo Wen,Xuanhua Xie,Song Gao,Hui Li,Hong Shi,Xiufeng Song,Tingzhi Qian,Chunjie Xiao,Jianzhong Jin,Bing Su,Daru Lu,Ranajit Chakraborty and Li Jin"Analyses of Genetic Structure of Tibeto-Burman Populations Reveals Sex-Biased Admixture in Southern Tibeto-Burmans"https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1181980/ Gayden2007はネパール周辺のハプログループを分類した論文。Tenzin Gayden,Alicia M. Cadenas,Maria Regueiro,Nanda B.Singh,Lev A. Zhivotovsky,Peter A. Underhill,Luigi L.Cavalli-Sforza,and Rene J.Herrera"The Himalayas as a Directional Barrier to Gene Flow" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1852741/?tool=pmcentrez

*5:Shi,Hong2008によればプミ族34/47、Bo Wen2004によれば雲南省寧ロウイ族自治県1/47

*6:Shi,Hong2008

*7:Shi,Hong2008によればナシ族28/87、Bo Wen2004によれば雲南省麗江市0/40、Su,Bing2000bによればナシ族0/18。 Su,Bing2000bはシナ・チベット語族607人のハプログループ分類をした下記論文。ここではSu,Bing2000bと呼びます。 Bing Su・Chunjie Xiao·Ranjan Deka·Mark T. Seielstad·Daoroong Kangwanpong·Junhua Xiao·Daru Lu·Peter Underhill·Luca Cavalli-Sforza·Ranajit Chakraborty·Li Jin"Y chromosome haplotypes reveal prehistorical migrations to the Himalayas."

*8:Shi,Hong2008

*9:Soon-Hee Kim2011

*10:以上Shi,Hong2008

*11:Shi,Hong2008によればイ族2/54、Bo Wen2004によれば雲南省の双柏県5/50・シーサンパンナ・タイ族自治州0/18

*12:以上Shi,Hong2008

*13:Shi,Hong2008

*14:Trejaut2014によればハノイ1/24、Soon-Hee Kim2011によればハノイ1/48。 Trejaut2014は下記論文。ここではTrejaut2014と呼びます。 Jean A Trejaut,Estella S Poloni,Ju-Chen Yen,Ying-Hui Lai,Jun-Hun Loo,Chien-Liang Lee,Chun-Lin He and Marie Lin"Taiwan Y-chromosomal DNA variation and its relationship with Island Southeast Asia" http://bmcgenet.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2156-15-77

*15:Shi,Hong2008

*16:Trejaut2014によればタイ2/75、Soon-Hee Kim2011によればタイ1/40、Tajima2004によればタイ1/34、Trejaut2014によればタイ北部のハニ族0/27

*17:Shi,Hong2008によれば中国の北西部36/614・北部7/454・南部11/768、Soon-Hee Kim2011によれば北京1/51・雲南省1/60、福建省0/68(Su,Bing2000bによれば福建省0/13、Trejaut2014によれば福建省0/55)、Su,Bing2000bによれば山東省0/32・河南省0/28・安徽省0/22・浙江省0/50・江蘇省0/55・上海0/30・河北省0/18・四川省0/14・江西省0/21・湖南省0/15・雲南省0/27・広西チワン族自治区0/3・広東省0/15・その他中国北部0/22、Trejaut2014によれば漢民族1/352、Tajima2004によれば北部漢民族0/49・台湾の漢民族0/21

*18:Shi,Hong2008によればチンプオ族1/50、Su,Bing2000bによればチンプオ族0/5

*19:Shi,Hong2008によればトゥチャ族3/116、Bo Wen2004によれば湖南省の西部0/68、永順県1/38

*20:Shi,Hong2008によればペー族2/199、Bo Wen2004によれば雲南省の大理市(Su2000b採用)2/48、シーサンパンナ・タイ族自治州0/20、Su,Bing2000bによればぺー族1/13

*21:Soon-Hee Kim2011によればブリヤート人1/36=2.78%、Tajima2004によればブリヤート0/61=0%

*22:Shi,Hong2008によれば満州人1/125、Soon-Hee Kim2011によれば満州人0/30

*23:Soon-Hee Kim2011によればハルハ1/45、モンゴル0/81、中国にいるモンゴル人0/87

*24:ウイグル+モンゴル+アルタイ+チベット

*25:台湾+中国南部の漢民族とトゥチャ・イ・ミャオ・ヤオ・チワン・シェの各民族+ベトナム+マレーシア+フィリピン+インドネシア西部

*26:0%は以下の通り。 Tajima2004によればロシアはニヴフ0/21=0%。 Soon-Hee Kim2011によれば0%は韓国人0/506。 中国は、リス族0/99(Shi,Hong2008によればリス族0/50、Bo Wen2004によれば雲南省福貢県0/49)、ヌー族0/80(Shi,Hong2008によればヌー族0/52、Bo Wen2004によれば雲南省貢山トールン族ヌー族自治県0/28)、ハニ族0/76(Shi,Hong2008によればハニ族0/42、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/34)、ラフ族0/106(Shi,Hong2008によればラフ族0/78、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/15、Su,Bing2000によれば雲南省0/13)、ジーヌオ族0/36(Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/18、Su,Bing2000bによればジーヌオ族0/18)、Shi,Hong2008によればダウール族0/4・エヴェンキ0/31・朝鮮民族0/46・回族0/24・トーロン族0/30・アチャン族0/40・コーラオ族0/14・マオナン族0/15・シェ族0/12・トーアン族0/45・ワ族0/31・プーラン族0/29、Bo Wen2004によればAini(雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州のロロ・ビルマ語群)0/52、Su,Bing2000bによればカレン族0/19。 台湾の原住民0/1206(Tajima2004によれば原住民0/223、Soon-Hee Kim2011によれば平野部の部族0/370、北部の山間原住民0/112、南部の山間原住民0/146、他の部族0/355)。 インドネシア0/283(Trejaut2014によればインドネシア0/246、Soon-Hee Kim2011によればジャワ島0/37) 。 フィリピン0/284(Trejaut2014によればフィリピン0/146・イヴァタン人 (バタン諸島)0/24、Soon-Hee Kim2011によればフィリピン人0/64、Tajima2004によればフィリピン0/50)。 マレーシア0/20(Trejaut2014によればマレーシア0/8、Tajima2004によればマレーシア0/12) 。 Su,Bing2000bによればインド北東部のKachari族0/20・Rabha族0/17・ナガ族0/3・Adi people0/5・Nyishi族0/9・Apatani people0/5。 Thangaraj2003によればミャンマー近くのインド領アンダマン・ニコバル諸島は、オンゲ族0/23、ジャラワ族0/4、南・中・北アンダマン島に住む人0/10、ニコバル人0/11。 Gayden2007によればネパールの0%はタマン族0/45、ネワール族0/66、カトマンズ0/77。  Hammer2006によれば北東アジア(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+エベンキ+エヴェン+オロチョン)0/441、南アジア(インド+スリランカ)0/496、オセアニア(インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア)0/209。 Thangaraj2003はアンダマン・ニコバル諸島で変なの見つけたという下記論文。 Kumarasamy Thangaraj,Lalji Singh,Alla G. Reddy,V.Raghavendra Rao,Subhash C.Sehgal,Peter A.Underhill,Melanie Pierson,Ian G.Frame,Erika Hagelberg"Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population"http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(02)01336-2

*27:Nonaka2007によれば関東0/137・本州西部0/97・その他1/29、Sato2014によれば長崎市学生0/300・福岡市成人0/102・徳島市学生0/388・大阪市成人1/241・金沢市(学生0/298・成人0/232)・札幌市(学生1/302・成人0/206)・川崎市学生1/321、Soon-Hee Kim2011によれば日本人0/157、Hammer2006によれば日本人0/259、Tajima2004によればアイヌ0/16・本州0/82・九州0/104・沖縄0/45

*28:Shi,Hong2008

*29:Shi,Hong2008によればチベット人60/594、Bo Wen2004によれば青海省2/92、雲南省シャングリラ市4/49、Gayden2007によればチベット44/156、Bing Su2000bによればチベット人(ラサ8/46、雲南省8/27

*30:Shi,Hong2008

*31:Soon-Hee Kim2011

*32:以上Shi,Hong2008

*33:Shi,Hong2008によればイ族2/54、Bo Wen2004によれば雲南省の双柏県5/50、シーサンパンナ・タイ族自治州0/18

*34:以上Shi,Hong2008

*35:Trejaut2014によればハノイ1/24、Soon-Hee Kim2011によればハノイ1/48

*36:Shi,Hong2008

*37:Trejaut2014によればタイ2/75、Soon-Hee Kim2011によればタイ1/40、Tajima2004によればタイ1/34、Trejaut2014によればタイ北部のハニ族0/27

*38:Shi,Hong2008によればプミ族1/47、Bo Wen2004によれば雲南省寧ロウイ族自治県1/47

*39:Shi,Hong2008によればチンプオ族1/50、Su,Bing2000bによればチンプオ族0/5

*40:Shi,Hong2008によればトゥチャ族3/116、Bo Wen2004によれば湖南省の西部0/68、永順県1/38

*41:Shi,Hong2008によればペー族2/199、Bo Wen2004によれば雲南省の大理市(Su2000b採用)2/48、シーサンパンナ・タイ族自治州0/20、Su,Bing2000bによればぺー族1/13

*42:Shi,Hong2008によれば中国の北西部20/614・北部7/454・南部11/768、Soon-Hee Kim2011によれば北京1/51・雲南省1/60、福建省0/68(Su,Bing2000bによれば福建省0/13、Trejaut2014によれば福建省0/55)、Trejaut2014によれば台湾の漢民族1/352、Su,Bing2000bによれば山東省0/32・河南省0/28・安徽省0/22・浙江省0/50・江蘇省0/55・上海0/30・河北省0/18・四川省0/14・江西省0/21・湖南省0/15・雲南省0/27・広西チワン族自治区0/3・広東省0/15・その他中国北部0/22、Tajima2004によれば北部漢民族0/49・台湾の漢民族0/21

*43:Shi,Hong2008によればナシ族2/87、Bo Wen2004によれば雲南省麗江市0/40、Su,Bing2000bによればナシ族0/18

*44:Soon-Hee Kim2011によればブリヤート人1/36=2.78%、Tajima2004によればブリヤート0/61=0%

*45:Soon-Hee Kim2011によればハルハ1/45・モンゴル0/81、Shi,Hong2008によれば中国にいるモンゴル人0/87

*46:Shi,Hong2008によれば満州人1/125、Soon-Hee Kim2011によれば満州人0/30

*47:ウイグル、モンゴル、アルタイ、チベット

*48:台湾、中国南部の漢民族とトゥチャ・イ・ミャオ・ヤオ・チワン・シェの各民族、ベトナム、マレーシア、フィリピン、インドネシア西部

*49:0%は以下の通り。 Tajima2004によればロシアはニヴフ0/21。 Soon-Hee Kim2011によれば韓国人0/506。 中国は、リス族0/99(Shi,Hong2008によればリス族0/50、Bo Wen2004によれば雲南省福貢県0/49)、ヌー族0/80(Shi,Hong2008によればヌー族0/52、Bo Wen2004によれば雲南省貢山トールン族ヌー族自治県0/28)、ハニ族0/76(Shi,Hong2008によればハニ族0/42、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/34)、ラフ族0/106(Shi,Hong2008によればラフ族0/78、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/15、Su,Bing2000bによれば雲南省0/13)、ジーヌオ族0/36(Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/18、Su,Bing2000bによればジーヌオ族0/18)、Shi,Hong2008によればダウール族0/4・エヴェンキ0/31・朝鮮民族0/46・回族0/24・トーロン族0/30・アチャン族0/40・コーラオ族0/14・マオナン族0/15・シェ族0/12・トーアン族0/45・ワ族0/31・プーラン族0/29、Bo Wen2004によればAini(雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州のロロ・ビルマ語群)0/52、Su,Bing2000bによればカレン族0/19。 台湾の原住民0/1206(Tajima2004によれば原住民0/223、Soon-Hee Kim2011によれば平野部の部族0/370、北部の山間原住民0/112、南部の山間原住民0/146、他の部族0/355)。 インドネシア0/283(Trejaut2014によればインドネシア0/246、Soon-Hee Kim2011によればジャワ島0/37) 。 フィリピン0/284(Trejaut2014によればフィリピン0/146・イヴァタン人 (バタン諸島)0/24、Soon-Hee Kim2011によればフィリピン人0/64、Tajima2004によればフィリピン0/50)。 マレーシア0/20(Trejaut2014によればマレーシア0/8、Tajima2004によればマレーシア0/12) 。 Su,Bing2000bによればインド北東部のKachari族0/20・Rabha族0/17・ナガ族0/3・Adi people0/5・Nyishi族0/9・Apatani people0/5。 Thangaraj2003によればミャンマー近くのインド領アンダマン・ニコバル諸島は、オンゲ族0/23、ジャラワ族0/4、南・中・北アンダマン島に住む人0/10、ニコバル人0/11。 Gayden2007によればネパールの0%はタマン族0/45、ネワール族0/66、カトマンズ0/77。  Hammer2006によれば北東アジア(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+エベンキ+エヴェン+オロチョン)0/441、南アジア(インド+スリランカ)0/496、オセアニア(インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア)0/209

*50:下記サイト参照。ここではY-DNA D Haplogroup Projectと呼びます。なお、この数値は統計に含めません。https://www.familytreedna.com/public/Dhaplogroup?iframe=yresults

*51:Y-DNA D Haplogroup Project、ISOGG

*52:ISOGG

*53:Y-DNA D Haplogroup Project

*54:ISOGG

*55:Shi,Hong2008

*56:Shi,Hong2008はチベット人206/594、Gayden2007はチベット人29/156

*57:Shi,Hong2008

*58:Shi,Hong2008によれば北西部16/614、北部0/454、南部0/768

*59:Shi,Hong2008

*60:ウイグル+モンゴル+アルタイ+チベット

*61:Hammer2006

*62:0%は、Hammer2006によれば、日本0/259、北東アジア(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+エベンキ+エヴェン+オロチョン)0/441、東南アジア(台湾+中国南部の漢とトゥチャ・イ・ミャオ・ヤオ・チワン・シェの各民族+ベトナム+マレーシア+フィリピン+インドネシア西部)で0/683、南アジア(インド+スリランカ)0/496、オセアニア(インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア)0/209。Shi,Hong2008の中国国内のデータによれば、ダウール族0/4、エヴェンキ0/31、朝鮮民族0/46、満州人0/125、モンゴル人0/87、回族0/24、トゥチャ族0/116、チャン族0/27、イ族0/54、ペー族0/199、ハニ族0/42、ラフ族0/78、トーロン族0/30、リス族0/50、ヌー族0/52、アチャン族0/40、チンプオ族0/50、プイ族0/123、チワン族(スペルミスか)0/116、トン族0/147、コーラオ族0/14、リー族0/55、ムーラオ族0/78、マオナン族0/15、スイ族0/95、ミャオ族0/212、シェ族0/12、ヤオ族0/284、トーアン族0/45、ワ族0/31、プーラン族0/29。Gayden2007によれば、タマン族0/45、ネワール族0/66、カトマンズ0/77。

*63:Y-DNA D Haplogroup Project

Y染色体ハプログループD1b

D1bは、俗に縄文人と呼ばれる有史以前の日本人のルーツ、日本の代表的遺伝子です。
個人の意見としては、D1bは旧石器時代にはチベットから日本に渡ってきたと考えているので、縄文人という言葉に抵抗がありますが。
ここではD1b-M55の詳細なデータを扱います。
ただ、例えばDE*-YAP(xD1a1-M15)であったり、DE-YAPだけのような不十分な検査があり、D1b-M55は本来もっと検出されるはずです。ただD1b-M55とは限らないので、ここではD1bのマーカー、M55等が検出されたものだけを扱います。

目次
DE
E
D・D1・D2
D1a

【D1b】

移動開始時期・・・47,500~42,000年前*1
D1bへの変異・・・53,603*2~14,060年前*3
主なSNP・・・・・・・・・・・M64,M55,M57
日本人の割合・・・33.26*4~33.79*5%
日本は北海道が日本からほぼ別れており、本州・四国・九州は繋がっていた。6000年前から瀬戸内海、関門海峡が開通し今の形になった。北海道にいた縄文人、後にアイヌ民族となった人たちは85%、本州・四国・九州合計は808/2512=32.17%、沖縄諸島55.56%。
D1bは日本の他の固有ハプログループと違い、日本各地に満遍なく生息している。12,000年以上前は北海道と陸続きであった樺太0%(現在はロシア人83%、朝鮮人5.49%、次いでウクライナ人・タタール人・ヤクート・エヴェンキが11%、ニヴフ0.37%、オロチョン族0.14%が生息)や韓国1.58%、台湾0%と激減する。
D1b-M55全体
日本人1103/3316=33.26%(以下の下位サブクレード(Nonaka2007*6のその他10/29、日本列島とアイヌ、Soon-Hee Kim2011*7の日本人46/157=29.3%を含む)
アイヌ17/20=85%(Tajima2004*8によればアイヌ14/16=87.5%、Hammer2006によれば3/4=75%)
北海道172/508=33.86%(Sato2014*9は札幌市(成人72/206=34.95%、学生100/302=33.11%))。
本州504/1495=33.71%(Tajima2004は本州30/82=36.59%、Sato2014は大阪市成人73/241=30.29%、金沢市(成人76/232=32.76%、学生97/298=32.55%)、川崎市学生106/321=33.02%、Nonaka2007は関東66/137=40.15%・本州西部26/97=26.8%、Hammer2006によれば青森県10/26=38.46%、静岡県20/61=32.79%)
四国137/458=29.91%(Sato2014は徳島市学生119/388=30.67%、Hammer2006によれば徳島県18/70=25.71%)
九州167/559=29.87%(Tajima2004は九州29/104=27.88%、Sato2014は福岡市成人34/102=33.33%、長崎市学生90/300=30%、Hammer2006によれば九州14/53=26.42%)
沖縄50/90=55.56%(Tajima2004によれば沖縄25/45=55.56%、Hammer2006によれば沖縄25/45=55.56%)
韓国人8/506=1.58%(Soon-Hee Kim2011)、漢民族1/2017=0.05%(Soon-Hee Kim2011は北京1/51、雲南省0/60、Tajima2004は北部漢民族0/49・台湾の漢民族0/21、Shi,Hong2008は北西部の漢民族0/614、北部漢民族0/454、南部漢民族0/768)。
北東アジア3/523=0.57%(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+ニヴフ+エベンキ+エヴェン+オロチョン。Hammer2006とTajima2004)。*10
オセアニア1/209=0.48%(インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア。Hammer2006)。*11 戻る
 
D1bのサブクレードについては以下の通り。

・D1b1-M116

日本202/769=26.27%(Hammer2006は日本80/259=30.89%、Nonaka2007*12は関東55/137=40.15%・本州西部21/97=21.65%・その他10/29=34.48%、Tajima2004はアイヌ1/16=6.25%・本州14/82=17.07%・九州12/104=11.54%・沖縄人9/45=20%)。
オセアニア1/209=0.48%(インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア。Hammer2006)。
北東アジア2/523=0.38%(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+ニヴフ+エベンキ+エヴェン+オロチョン。Hammer2006とTajima2004)。*13 戻る

・・D1b1a-M125

下位サブクレードを含めると、
日本人129/769=16.78%(Hammer2006は日本37/259=14.29%、Tajima2004はアイヌ1/16=6.25%・本州14/82=17.07%・九州12/104=11.54%・沖縄人9/45=20%、Nonaka2007は関東37/137=27.01%・本州西部13/97=13.4%・その他6/29=20.69%)。
北東アジア2/523=0.38%(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+ニヴフ+エベンキ+エヴェン+オロチョン。Hammer2006とTajima2004)。*14 戻る

・・・D1b1a1-P42

日本6/259=2.32%(Hammer2006)。*15 戻る

・・・D1b1a2-IMS-JST022457

日本54/263=20.53%(Nonaka2007によれば関東35/137=25.55%、本州西部13/97=13.4%、その他6/29=20.69%)。 戻る
・・・・・D1b1a2b1-CTS1982
Y-DNA D Haplogroup Project*16によると韓国人1人、ドミンゲスという名前の男性1人。現在の検出時点ではこの変異前後に日本から他国に移動した可能性はゼロではない。
・・・・・・・D1b1a2b1a1-CTS8093
日本人8人(Y-DNA D Haplogroup Project)。D1b1a2b1-CTS1982のサブクレードに当たるが、D1bが大量に且つどのサブクレードにもいるのは日本しかなく、これは日本に居残った者たちが進化したと考えるのが相当。
・・・・・・・D1b1a2b1a1a1-L137
日本人2人(Y-DNA D Haplogroup Project)

・・D1b1b-P120

戻る

・・D1b1c-CTS6609

戻る

・・・D1b1c1-CTS1897/CTS3097

日本人2人(Y-DNA D Haplogroup Project) 戻る
・・・・D1b1c1a-CTS11032
日本人2人(Y-DNA D Haplogroup Project)
・・・・D1b1c1d-CTS5641
日本人1人(Y-DNA D Haplogroup Project)
・・・・・・D1b1c1a1c-M151
日本0/263=0%(うち関東0/137、本州西部0/97、その他0/29。Nonaka2007)。

・D1b*-M55(xD1b1-M116)

日本26/522=4.98%(Hammer2006は10/259=3.86%、Nonaka2007は関東11/137=8.03%、本州西部5/97=5.15%、その他0/29=0%。)
北東アジア1/441=0.23%(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+エベンキ+エヴェン+オロチョン。Hammer2006)。*17 戻る

・・D1b2a-CTS220

戻る

・・・D1b2a2-CTS11285

日本人3人(Y-DNA D Haplogroup Project) 戻る
  
以上の検出を踏まえ、次からD1bの本題、日本人と上記民族文化の共通点比較に入ることになるのだが、今年は修正や追加入力で終わると思います。

*1:自説。残念ながら現時点では日本の人骨からY-DNAを検出するまでには至っていない。 なおmtDNAは検出されているが、それがD1bかどうかは議論の余地がある。また自説としてmtDNAは、人物特定や遺伝子治療には非常に役に立つが、人間より検証個体の多いネズミのDNA測定でハプログループの分岐や時期が事実とは全く異なっていたとされることから、たくさんあるDNAという文章の一部で肉体組成に関わるものであって、先祖のハプログループの分岐や時期を特定する類いの物ではないと考えている。ミトコンドリアは、細胞の生存・活性化に必要不可欠だが、人体の場所によって数が異なり、細胞質内に不特定多数存在して体重の10%をも占める。またガン細胞は周辺の正常な細胞のミトコンドリアを奪い増殖していることが明らかになっている。mtDNAは、数が特定され核で守られて人間そのものを構成する染色体よりもかなりミクロな部分での肉体的遺伝ではないかと考える。この細胞外に移動でき不特定多数というのが、1細胞に1つしかないY-DNA等染色体のDNAとは大きく異なるのである

*2:下記論文参照。当該論文を今後Shi,Hong2008と言います。Hong Shi,Hua Zhong,Yi Peng,Yong-Li Dong,Xue-Bin Qi,Feng Zhang,Lu-Fang Liu,Si-Jie Tan,Runlin Z Ma,Chun-Jie Xiao,R Spencer Wells,Li Jin and Bing Su"Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2605740/

*3:下記論文参照。当該論文を今後Hammer2006と言います。Michael F Hammer,Tatiana M Karafet, Hwayong Park,Keiichi Omoto,Shinji Harihara, Mark Stoneking and Satoshi Horai"Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes" http://www.nature.com/jhg/journal/v51/n1/full/jhg20068a.html

*4:D1bだと言い切れる割合。下記参照

*5:D1bの可能性が高い割合。詳細はYAP(+)(Y染色体ハプログループD・D1・D2) - 日本とは何ぞや?Dの日本人参照

*6:下記論文参照。当該論文は今後Nonaka2007と言います。日本人263人のハプログループ分類、次いで日本人263人のうち、 関東地方137人(東京都51人+千葉県45人+神奈川県14人+埼玉県13人+茨城県5人+栃木県5人+群馬県4人)、 本州西部97人(長野県11人+富山県3人+岐阜県2人+石川県4人+滋賀県1人+京都府2人+大阪府2人+山梨県2人+静岡県12人+愛知県6人+三重県4人+和歌山県5人+兵庫県5人+鳥取県2人+岡山県6人+広島県3人+島根県3人+山口県2人+香川県4人+高知県1人+愛媛県4人+大分県3人+福岡県4人+熊本県3人+佐賀県2人+長崎県1人)を抜き出してハプログループ分類をしている。 その他(北海道3人+沖縄県1人+青森県3人+秋田県3人+宮城県7人+新潟県6人+福島県6人)として29人もあえて抽出する。I.Nonaka,K.Minaguchi,N.Takezaki"Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms" http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full

*7:下記論文参照。当該論文を今後Soon-Hee Kim2011と言います。Soon-Hee Kim,Ki-Cheol Kim,Dong-Jik Shin,Han-Jun Jin,Kyoung-Don Kwak,Myun-Soo Han,Joon-Myong Song,Won Kim and Wook Kim"High frequencies of Y-chromosome haplogroup O2b-SRY465 lineages in Korea: a genetic perspective on the peopling of Korea" http://investigativegenetics.biomedcentral.com/articles/10.1186/2041-2223-2-10 過去の自分たちの論文のデータをより新しいSNPで再分類。 過去の論文はKim SH, Han MS, Kim W, Kim W: Y chromosome homogeneity in the Korean population. Int J Legal Med. 2010、Kim W, Shin DJ, Harihara S, Kim YJ: Y chromosomal DNA variation in east Asian populations and its potential for inferring the peopling of Korea. J Hum Genet. 2000、Jin HJ, Kwak KD, Hammer MF, Nakahori Y, Shinka T, Lee JW, Jin F, Jia X, Tyler-Smith C, Kim W: Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications for the dual origins of the Koreans. Hum Genet. 2003。

*8:下記論文参照。当該論文を今後Tajima2004と言います。Atsushi Tajima,Masanori Hayami,Katsushi Tokunaga,Takeo Juji,Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki,Keiichi Omoto and Satoshi Horai"Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" http://www.nature.com/jhg/journal/v49/n4/full/jhg200432a.html

*9:下記論文参照。当該論文を今後Sato2014と言います。YOUICHI SATO,TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS,AIKO YAMAUCHI,TERUAKI IWAMOTO,YUTAKA NAKAHORI"Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males" https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase/122/3/122_140709/_html

*10:0%は、東南アジア0/1072(台湾の原住民と漢民族、中国の北部・南部の漢民族とトゥチャ族・イ族・ミャオ族・ヤオ族・チワン族・シェ族、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムインドネシア西部。Hammer2006とTajima2004)、中央アジア0/419(ウイグル、モンゴル、アルタイ、チベット。Hammer2006)、南アジア0/496(インド+スリランカ。Hammer2006)。

*11:以下は0%。上記以外の北東アジア0%(Soon-Hee Kim2011とTajima2004はブリヤート人0/97、Tajima2004はニヴフ0/21、Soon-Hee Kim2011はモンゴル人0/81・ハルハ0/45)。 中国の少数民族0%(Soon-Hee Kim2011は満州民族0/30・西安人0/34、Shi,Hong2008はダウール族0/4、エヴェンキ0/31、モンゴル人0/87、朝鮮民族0/46、満州人0/125、チベット民族0/594、回族0/24、トゥチャ族0/116、チャン族0/27、イ族0/54、ペー族0/199、ハニ族0/42、ナシ族0/87、プミ族0/47、ラフ族0/78、トーロン族0/30、リス族0/50、ヌー族0/52、アチャン族0/40、チンプオ族0/50、プイ族0/123、チワン族(スペルミスか)0/116、タイ族0/176、トン族0/147、コーラオ族0/14、リー族0/55、ムーラオ族0/78、マオナン族0/15、スイ族0/95、ミャオ族0/212、シェ族0/12、ヤオ族0/284、トーアン族0/45、ワ族0/31、プーラン族0/29)。 東南アジア0%(Tajima2004は台湾原住民0/223・マレーシア0/12、Tajima2004とSoon-Hee Kim2011でタイ0/74・フィリピン0/114、Soon-Hee Kim2011はインドネシアのジャワ島0/37、ベトナムハノイ0/48、Thangaraj2003はオンゲ族0/23、ジャラワ族0/4、南・中・北アンダマン島に住む人0/10、ニコバル人0/11)。 南アジア0%(Gayden2007はタマン族0/45、ネワール族0/66、カトマンズ0/77、チベット0/156)。 Thangaraj2003はアンダマン・ニコバル諸島のハプログループを分類した論文。Kumarasamy Thangaraj,Lalji Singh,Alla G. Reddy,V.Raghavendra Rao,Subhash C. Sehgal,Peter A. Underhill,Melanie Pierson,Ian G. Frame,Erika Hagelberg"Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population" http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(02)01336-2 Gayden2007はネパール周辺のハプログループを分類した論文。Tenzin Gayden,Alicia M. Cadenas,Maria Regueiro,Nanda B.Singh,Lev A. Zhivotovsky,Peter A. Underhill,Luigi L.Cavalli-Sforza,and Rene J.Herrera"The Himalayas as a Directional Barrier to Gene Flow" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1852741/?tool=pmcentrez

*12:下記論文参照。当該論文は今後Nonaka2007と言います。日本人263人のハプログループ分類、次いで日本人263人のうち、 関東地方137人(東京都51人+千葉県45人+神奈川県14人+埼玉県13人+茨城県5人+栃木県5人+群馬県4人)、 本州西部97人(長野県11人+富山県3人+岐阜県2人+石川県4人+滋賀県1人+京都府2人+大阪府2人+山梨県2人+静岡県12人+愛知県6人+三重県4人+和歌山県5人+兵庫県5人+鳥取県2人+岡山県6人+広島県3人+島根県3人+山口県2人+香川県4人+高知県1人+愛媛県4人+大分県3人+福岡県4人+熊本県3人+佐賀県2人+長崎県1人)を抜き出してハプログループ分類をしている。 その他(北海道3人+沖縄県1人+青森県3人+秋田県3人+宮城県7人+新潟県6人+福島県6人)として29人もあえて抽出する。I.Nonaka,K.Minaguchi,N.Takezaki"Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms" http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full

*13:0%は、東南アジア0/1072(台湾の原住民と漢民族、中国の北部・南部の漢民族とトゥチャ族・イ族・ミャオ族・ヤオ族・チワン族・シェ族、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムインドネシア西部。Hammer2006とTajima2004)、中央アジア0/419(ウイグル、モンゴル、アルタイ、チベット。Hammer2006)、南アジア0/496(インド+スリランカ。Hammer2006)。

*14:0%は、東南アジア0/1072(台湾の原住民と漢民族、中国の北部・南部の漢民族とトゥチャ族・イ族・ミャオ族・ヤオ族・チワン族・シェ族、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムインドネシア西部。Hammer2006とTajima2004)、中央アジア0/419(ウイグル、モンゴル、アルタイ、チベット。Hammer2006)、南アジア0/496(インド+スリランカ。Hammer2006)、オセアニア0/209(インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア。Hammer2006)。

*15:0%はHammer2006によると北東アジア0/441(韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+エベンキ+エヴェン+オロチョン)、東南アジア0/683(台湾、中国南部の漢民族とトゥチャ族・イ族・ミャオ族・ヤオ族・チワン族・シェ族、ベトナム、マレーシア、フィリピン、インドネシア西部)、中央アジア0/419(ウイグル、モンゴル、アルタイ、チベット)、南アジア0/496(インド+スリランカ)、オセアニア0/209(インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア

*16:以下このプロジェクトをY-DNA D Haplogroup Projectと言います。 https://www.familytreedna.com/public/Dhaplogroup?iframe=yresults

*17:0%はHammer2006によると、東南アジア0/683(台湾、中国南部の漢民族とトゥチャ族・イ族・ミャオ族・ヤオ族・チワン族・シェ族、ベトナム、マレーシア、フィリピン、インドネシア西部)、中央アジア0/419(ウイグル、モンゴル、アルタイ、チベット)、南アジア0/496(インド+スリランカ)、オセアニア0/209(インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア