読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本とは何ぞや?

Y染色体の研究をもとに独自視点で想像を膨らませます。

YAP(+)(Y染色体ハプログループDE)

DEになるまでの過程とYAPについてはY-DNAの系統図と説明で述べた通りです。
この章ではDEからD1bになる過程を少し詳細に説明し、このページではDE-YAP/M1を扱います。このページは随時修正します。
目次

サブクレードはこちらから。
E
D・D1・D2
D1a
D1b

【DE】

CT*集団からの移動・・80,000~70,000年前
DE*への変異・・・・・・・・80,000~59,100年前
サブクレード・・・・・・・・・D-M174,E-M96
主なSNP・・YAP/M1
DE*(xD,E)は以下の地域で見つかっているかもしれない。
△ナイジェリア(5/1247)・・・但し発見者自身が不存在かサブかもしれないと結構いい加減(怒)。
ギニアビサウ(17人)・・・いずれもナル語を話す人らしい。どうもナイジェリアのSNPより1つサブらしく、分類出来ないらしい。
チベット・・・Shi,Hong2008によればDE*-YAP(xD-M174,E-M40/M96/SRY4064)がチベット民族2/594=0.34%。*1
DE-YAPは以下の通り。
日本人1168/3457=33.79%*2
アイヌ17/20=85%位*3
北海道173/508=34.06%*4
本州506/1495=33.85%*5
四国137/458=29.91%*6
九州167/559=29.87%*7
沖縄50/90=55.56%*8
東部アフリカ41/43=95.35%、アフリカのガンビア人41/48=85.42%、サハラ以南のアフリカに分布するバントゥー系民族82/108=75.93%*9チベット系民族のプミ族68/94=72.34%*10インド領アンダマン・ニコバル諸島27/48=56.25%*11
アンダマン諸島の位置。

ジャラワ族。


アフリカの小人ピグミー21/38=55.26%、エジプト人18/36=50%*12チベット民族445/994=44.77%*13ギリシャ人14/42=33.33%*14、中国のナシ族43/145=29.66%*15チベット系民族のチャン族8/27=29.63%*16、主にアフリカ南部に生息しているカポイド21/75=28%、中央メキシコ原住民のサポテコ族2/15=13.33%、イタリア人5/39=12.82%*17、中国のヤオ族35/294=11.9%*18、中国のチワン族13/144=9.03%*19、中国の西安3/34=8.82%*20、南部メキシコ人2/29=6.9%*21、中国のイ族8/122=6.56%*22、中国のムーラオ族5/78=6.41%*23、ドイツ人2/32=6.25%*24、中国海南島のリー族3/55=5.45%、タイ族8/176=4.55%*25、元々米国の中央部に住んでいたインディアンの1つシャイアン族2/44=4.55%*26、元々米国のフロリダ州に住んでいたインディアンのセミノール1/23=4.35%*27、中国のミャオ族11/261=4.21%*28、中国の回族1/24=4.17%*29カンボジア人1/26=3.85%*30南米大陸の北端に住む原住民Wayuu people1/26=3.85%、アルタイ1/29=3.45%、ロシア人1/30=3.33%*31、中国のペー族9/280=3.21%*32、中国のトン族5/157=3.18%*33イングランド人1/32=3.13%*34ベトナムハノイ2/72=2.78%*35、中国のスイ族5/187=2.67%*36、タイ5/196=2.55%*37
中国のヌー族2/80=2.5%*38、ロシアのトゥバ共和国のトゥバ人1/40=2.5%*39、中国の漢民族67/2811=2.38%*40漢民族か原住民か不明な台湾人1/44=2.27%*41、中国のプイ族3/172=1.74%*42朝鮮人10/580=1.72%*43、中国のチンプオ族1/55=1.82%*44、中国のトゥチャ族4/222=1.8%*45、モンゴル人5/361=1.39%*46満州人2/155=1.29%*47
インド北東部の民族4/405=0.99%*48、ロシアのブリヤート人1/191=0.52%*49
東南アジア19/721=2.64%*50
中央アジア65/419=15.51%*51、北東アジア3/523=0.57%*52オセアニア1/209=0.48%*53*54

*1:0%はダウール族0/4・エヴェンキ0/31・モンゴル人0/87・朝鮮民族0/46、満州人0/125・回族0/24・漢民族(北西部)0/614、漢民族(北部)0/454・漢民族(南部)0/768・トゥチャ族0/116・チャン族0/27・イ族0/54・ペー族0/199・ハニ族0/42・ナシ族0/87・プミ族0/47・ラフ族0/78・トーロン族0/30・リス族0/50・ヌー族0/52・アチャン族0/40・チンプオ族0/50・プイ族0/123・チワン族(スペルミスか)0/116・タイ族0/176・トン族0/147・コーラオ族0/14・リー族0/55・ムーラオ族0/78・マオナン族0/15・スイ族0/95・ミャオ族0/212・シェ族0/12・ヤオ族0/284・トーアン族0/45・ワ族0/31・プーラン族0/29。 当該論文を今後Shi,Hong2008と言います。Hong Shi,Hua Zhong,Yi Peng,Yong-Li Dong,Xue-Bin Qi,Feng Zhang,Lu-Fang Liu,Si-Jie Tan,Runlin Z Ma,Chun-Jie Xiao,R Spencer Wells,Li Jin and Bing Su"Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2605740/

*2:Karafet1999の日本人55/118、Nonaka2007のその他11/29、Soon-Hee Kim2011の日本人46/157、Sengupta S2006の日本6/23、以下の日本列島とアイヌを含む。 Karafet1999は下記論文。今後当該論文をKarafet1999と言います。Karafet TM,Zegura SL,Posukh O,Osipova L,Bergen A,Long J,Goldman D,Klitz W,Harihara S,de Knijff P,Wiebe V,Griffiths RC,Templeton AR,Hammer MF."Ancestral Asian source(s) of new world Y-chromosome founder haplotypes."https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10053017 Nonaka2007は下記論文。当該論文は今後もNonaka2007と言います。日本人263人のハプログループ分類、次いで日本人263人のうち、 関東地方137人(東京都51人+千葉県45人+神奈川県14人+埼玉県13人+茨城県5人+栃木県5人+群馬県4人)、本州西部97人(長野県11人+富山県3人+岐阜県2人+石川県4人+滋賀県1人+京都府2人+大阪府2人+山梨県2人+静岡県12人+愛知県6人+三重県4人+和歌山県5人+兵庫県5人+鳥取県2人+岡山県6人+広島県3人+島根県3人+山口県2人+香川県4人+高知県1人+愛媛県4人+大分県3人+福岡県4人+熊本県3人+佐賀県2人+長崎県1人)を抜き出してハプログループ分類をしている。その他(北海道3人+沖縄県1人+青森県3人+秋田県3人+宮城県7人+新潟県6人+福島県6人)として29人もあえて抽出する。I.Nonaka,K.Minaguchi,N.Takezaki"Y-chromosomal Binary Haplogroups in the Japanese Population and their Relationship to 16 Y-STR Polymorphisms"http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full Soon-Hee Kim2011は下記論文。当該論文を今後もSoon-Hee Kim2011と言います。Soon-Hee Kim,Ki-Cheol Kim,Dong-Jik Shin,Han-Jun Jin,Kyoung-Don Kwak,Myun-Soo Han,Joon-Myong Song,Won Kim and Wook Kim"High frequencies of Y-chromosome haplogroup O2b-SRY465 lineages in Korea: a genetic perspective on the peopling of Korea" http://investigativegenetics.biomedcentral.com/articles/10.1186/2041-2223-2-10 過去の自分たちの論文のデータをより新しいSNPで再分類。 過去の論文はKim SH, Han MS, Kim W, Kim W: Y chromosome homogeneity in the Korean population. Int J Legal Med. 2010、Kim W, Shin DJ, Harihara S, Kim YJ: Y chromosomal DNA variation in east Asian populations and its potential for inferring the peopling of Korea. J Hum Genet. 2000、Jin HJ, Kwak KD, Hammer MF, Nakahori Y, Shinka T, Lee JW, Jin F, Jia X, Tyler-Smith C, Kim W: Y-chromosomal DNA haplogroups and their implications for the dual origins of the Koreans. Hum Genet. 2003 Sengupta S2006は下記論文。以下Sengupta S2006と言います。論文ではDはD1a1、D1b、D*(xD1a1,D1b)に分類しているが、日本人6/23がD1a1で、且つD1b含めその他Dはいないという結果になっている。インド人の合計が合わなかったり、中央アジアが抜けていたこともあり、日本人6/23は強引にDとして数え用いる。 Sanghamitra Sengupta,Lev A.Zhivotovsky,Roy King,S.Q.Mehdi,Christopher A.Edmonds,Cheryl-Emiliane T.Chow,Alice A.Lin,Mitashree Mitra,Samir K.Sil,A.Ramesh,M.V.Usha Rani,Chitra M.Thakur,L.Luca Cavalli-Sforza,Partha P.Majumder,Peter A. Underhill"Polarity and Temporality of High-Resolution Y-Chromosome Distributions in India Identify Both Indigenous and Exogenous Expansions and Reveal Minor Genetic Influence of Central Asian Pastoralists"http://www.cell.com/ajhg/fulltext/S0002-9297(07)62353-2

*3:Tajima2004によればアイヌ14/16、Hammer2006によれば3/4。 Tajima2004は下記論文参照。当該論文を今後Tajima2004と言います。Atsushi Tajima,Masanori Hayami,Katsushi Tokunaga,Takeo Juji,Masafumi Matsuo, Sangkot Marzuki,Keiichi Omoto and Satoshi Horai"Genetic origins of the Ainu inferred from combined DNA analyses of maternal and paternal lineages" http://www.nature.com/jhg/journal/v49/n4/full/jhg200432a.html Hammer2006は下記論文参照。当該論文を今後Hammer2006と言います。Michael F Hammer,Tatiana M Karafet, Hwayong Park,Keiichi Omoto,Shinji Harihara, Mark Stoneking and Satoshi Horai"Dual origins of the Japanese: common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes" http://www.nature.com/jhg/journal/v51/n1/full/jhg20068a.html

*4:Sato2014は札幌市成人72/206・学生101/302。 Sato2014は下記論文参照。当該論文を今後Sato2014と言います。YOUICHI SATO,TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS,AIKO YAMAUCHI,TERUAKI IWAMOTO,YUTAKA NAKAHORI"Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males" https://www.jstage.jst.go.jp/article/ase/122/3/122_140709/_html

*5:Tajima2004は本州30/82、Sato2014は大阪市成人74/241・金沢市(成人76/232、学生97/298)・川崎市学生107/321、Nonaka2007は関東66/137・本州西部26/97、Hammer2006によれば青森県10/26・静岡県20/61

*6:Sato2014は徳島市学生119/388、Hammer2006によれば徳島県18/70

*7:Tajima2004は九州29/104、Sato2014は福岡市成人34/102、長崎市学生90/300、Hammer2006によれば九州14/53

*8:Tajima2004によれば沖縄25/45、Hammer2006によれば沖縄25/45

*9:東部37/55=67.27%・西部45/53=84.91%。以上Karafet1999

*10:Shi,Hong2008によればプミ族34/47、Bo Wen2004によれば雲南省寧ロウイ族自治県34/47。 Bo Wen2004は下記論文。当該論文をBo Wen2004と言います。 Bo Wen,Xuanhua Xie,Song Gao,Hui Li,Hong Shi,Xiufeng Song,Tingzhi Qian,Chunjie Xiao,Jianzhong Jin,Bing Su,Daru Lu,Ranajit Chakraborty and Li Jin"Analyses of Genetic Structure of Tibeto-Burman Populations Reveals Sex-Biased Admixture in Southern Tibeto-Burmans"https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1181980/

*11:Thangaraj2003によればD*-M174(xD1b-M55,D1a1-M15)でオンゲ族23/23=100%・ジャラワ族4/4=100%・アンダマン諸島に住む人0/10・ニコバル諸島に住む人0/11。 Thangaraj2003はアンダマン・ニコバル諸島で変なの見つけたという下記論文。 Kumarasamy Thangaraj,Lalji Singh,Alla G. Reddy,V.Raghavendra Rao,Subhash C.Sehgal,Peter A.Underhill,Melanie Pierson,Ian G.Frame,Erika Hagelberg"Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population"http://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(02)01336-2

*12:以上Karafet1999

*13:Karafet1999によればチベット民族16/30、Shi,Hong2008によればチベット民族280/594、Bo Wen2004によれば青海省21/92(別の場所では91人記載)・雲南省シャングリラ市18/49、Gayden2007によればチベット79/156、Bing Su2000bによればチベット民族(ラサ19/46、雲南省12/27)。 Gayden2007はネパール周辺のハプログループを分類した論文。Tenzin Gayden,Alicia M. Cadenas,Maria Regueiro,Nanda B.Singh,Lev A. Zhivotovsky,Peter A. Underhill,Luigi L.Cavalli-Sforza,and Rene J.Herrera"The Himalayas as a Directional Barrier to Gene Flow" https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1852741/?tool=pmcentrez Su,Bing2000bはシナ・チベット語族607人のハプログループ分類をした下記論文。ここではSu,Bing2000bと呼びます。 Bing Su・Chunjie Xiao·Ranjan Deka·Mark T. Seielstad·Daoroong Kangwanpong·Junhua Xiao·Daru Lu·Peter Underhill·Luca Cavalli-Sforza·Ranajit Chakraborty·Li Jin"Y chromosome haplotypes reveal prehistorical migrations to the Himalayas."なおSu,Bing2000bのチベット人H2の数値はQian2000のものだが、Qian2000は、全てのSNPが未記載の上チベットのどこかも判然とせず全く評価し得ない。よってBing Su2000bはQian2000の一部を現在のDEのSNPであるM1で再確認した上で修正したものとして評価する。Qian2000は、Yaping Qian·Binzhi Qian·Bing Su·Jiankun Yu·Yuehai Ke·Zhengtao Chu·Lei Shi·Daru Lu·Jiayou Chu·Li Jin"Multiple origins of Tibetan Y chromosomes"の略

*14:Karafet1999

*15:Shi,Hong2008によればナシ族28/87、Bo Wen2004によれば雲南省麗江市15/40、Su,Bing2000bによればナシ族0/18

*16:Shi,Hong2008

*17:以上Karafet1999

*18:Dongna Li2010によればヤオ族のブヌ族3/10、Shi,Hong2008によればヤオ族32/284。 Dongna Li(2010)は中国人によるタイ・カダイ語族の下記研究。下記論文を今後Dongna Li2010と呼びます。Dongna Li,Yuantian Sun,Yan Lu,Laura F Mustavich,Caiying Ou,Zhenjian Zhou,Shilin Li,Li Jin and Hui Li"Genetic origin of Kadai-speaking Gelong people on Hainan island viewed from Y chromosomes"http://www.nature.com/jhg/journal/v55/n7/full/jhg201050a.html

*19:Dongna Li2010によればチワン族1/28、Soon-Hee Kim2011によればチワン族12/116

*20:Soon-Hee Kim2011

*21:アメリカ大陸まで含めている下記論文を引用。下記論文を今後Lell, Jeffrey T2001-2002と呼びます。Jeffrey T.Lell,Rem I.Sukernik,Yelena B.Starikovskaya,Bing Su,Li Jin,Theodore G.Schurr,Peter A.Underhill and Douglas C.Wallace"The Dual Origin and Siberian Affinities of Native American Y Chromosomes"https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC384887/?tool=pubmed

*22:Shi,Hong2008によればイ族2/54、Bo Wen2004によれば雲南省の双柏県6/50、シーサンパンナ・タイ族自治州0/18

*23:Shi,Hong2008

*24:Karafet1999

*25:以上Shi,Hong2008

*26:Karafet1999

*27:Dongna Li2010

*28:Dongna Li2010によればミャオ族のモン族1/49、Shi,Hong2008によればミャオ族10/212

*29:Shi,Hong2008

*30:Dongna Li2010

*31:以上Karafet1999

*32:Shi,Hong2008によればペー族5/199、Bo Wen2004によれば雲南省の大理市3/48・シーサンパンナ・タイ族自治州0/20、Su,Bing2000bによればぺー族1/13

*33:Dongna Li2010によればトン族0/10、Shi,Hong2008によればトン族5/147

*34:Karafet1999

*35:Trejaut2014によればハノイ1/24、Soon-Hee Kim2011によればハノイ1/48。 Trejaut2014は下記論文。下記論文を今後Trejaut2014と呼びます。Jean A Trejaut, Estella S Poloni,Ju-Chen Yen,Ying-Hui Lai,Jun-Hun Loo,Chien-Liang Lee,Chun-Lin He and Marie Lin"Taiwan Y-chromosomal DNA variation and its relationship with Island Southeast Asia"http://bmcgenet.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2156-15-77

*36:Dongna Li2010によればスイ族0/92、Shi,Hong2008によれば5/95

*37:Dongna Li2010によればタイ0/20、Trejaut2014によればタイ3/75・タイ北部のハニ族0/27、Soon-Hee Kim2011によればタイ1/40、Tajima2004によればタイ1/34

*38:Shi,Hong2008によればヌー族1/52、Bo Wen2004によれば雲南省貢山トールン族ヌー族自治県1/28

*39:Lell,Jeffrey T2001-2002

*40:福建省0/81(Dongna Li2010によれば福建省0/13、Su,Bing2000bによれば福建省0/13、Trejaut2014によれば福建省0/55)、海南省0/15(Dongna Li2010)、河南省0/56(Dongna Li2010によれば河南省0/28、Su,Bing2000bによれば河南省0/28)、中国の北西部40/614・北部7/454・南部11/768(Shi,Hong2008)、北京2/51・雲南省1/60(Soon-Hee Kim2011)、江西省2/42(Su,Bing2000bによれば江西省1/21、Dongna Li2010によれば江西省1/21)、四川省1/14・江西省1/21・上海1/30・江蘇省1/55・山東省0/32・安徽省0/22・浙江省0/50・河北省0/18・湖南省0/15・雲南省0/27・広西チワン族自治区0/3・広東省0/15・その他中国北部0/22(Su,Bing2000b)、台湾の漢民族1/352(Trejaut2014)、台湾の漢民族0/21・北部漢民族0/49(Tajima2004)。

*41:Karafet1999

*42:Shi,Hong2008によればプイ族3/123、Dongna Li2010によればプイ族0/49

*43:Soon-Hee Kim2011によれば韓国人8/506、Karafet1999によれば朝鮮人2/28、Shi,Hong2008によれば中国にいる朝鮮民族0/46

*44:Shi,Hong2008によればチンプオ族1/50、Su,Bing2000bによればチンプオ族0/5

*45:Shi,Hong2008によればトゥチャ族3/116、Bo Wen2004によれば湖南省の西部0/68、永順県1/38

*46:Karafet1999によればモンゴル人4/148、Soon-Hee Kim2011によればモンゴル0/81・ハルハ1/45、Shi,Hong2008によれば中国にいるモンゴル人0/87

*47:Shi,Hong2008によれば満州人1/125、Soon-Hee Kim2011によれば満州人0/30

*48:Apatani people1/38(Cordaux,R2004によれば1/33、Su,Bing2000bによれば0/5)、Adi people1/60(Cordaux,R2004によれば1/55、Su,Bing2000bによれば0/5)、Cordaux,R2004によればその他インド北東部2/173、Nyishi族(Su,Bing2000bによれば0/9、Cordaux,R2004によれば0/51)、ナガ族(Su,Bing2000bによれば0/3、Cordaux,R2004によれば0/34)、Kachari族0/20・Rabha族0/17(以上Su,Bing2000b)。 Cordaux,R2004は下記論文。下記論文を今後Cordaux,R2004と呼びます。Richard Cordaux,Gunter Weiss,Nilmani Saha and Mark Stoneking"The Northeast Indian Passageway: A Barrier or Corridor for Human Migrations?"http://m.mbe.oxfordjournals.org/content/21/8/1525.long?view=long&pmid=15128876

*49:Lell,Jeffrey T2001-2002によればブリヤート人0/13、Karafet1999によればブリヤート人0/81、Soon-Hee Kim2011によればブリヤート人1/36、Tajima2004によればブリヤート0/61

*50:Hammer2006によれば東南アジア18/683、Karafet1999によれば東南アジア1/38

*51:ウイグル+モンゴル+アルタイ+チベット。Hammer2006

*52:韓国+中国北部の漢民族+満州人+満州のエベンキ+ブリヤート+ニヴフ+エベンキ+エヴェン+オロチョン。Hammer2006とTajima2004

*53:インドネシア西部+オーストラリア+パプアニューギニア+ミクロネシア+ポリネシア+メラネシア。Hammer2006

*54:0%は以下の通り。 【ロシア】 エヴェンキ(Lell,Jeffrey T2001-2002によればエニセイ川0/31・オホーツク海0/16、Karafet1999によればシベリアエヴェンキ0/95)、ニヴフ(Lell,Jeffrey T2001-2002によればオホーツク海0/17、Tajima2004によればニヴフ0/21)、コリャーク人(Lell,Jeffrey T2001-2002によればカムチャッカ半島0/27、Karafet1999によればコリャーク人0/12)、シベリアのエスキモー(Lell,Jeffrey T2001-2002によればチュクチ半島(ロシア最東端)0/33、Karafet1999によればシベリアのエスキモー0/22)、チュクチ(Lell,Jeffrey T2001-2002によればチュクチ半島0/24、Karafet1999によればチュクチ0/4)、Lell,Jeffrey T2001-2002によればトファ人0/19 (ロシアのイルクーツク州)・ウリチとナナイ(アムール川)0/53・ネギダール(アムール川上流0/10、アムール川0/7)・ウデヘ0/20・カムチャッカ半島のイテリメン族0/18、Karafet1999によればコミ人0/8・ネネツ人(森林地帯0/27・ツンドラ地帯0/52)・ケット人0/12・セリクプ人0/122・エヴェン0/41・オロチョン族0/23・ヤクート0/20・ユカギール0/12。 【中国】 Dongna Li2010によればタイ・カダイ語族村語のGelong語のCun族(海南島)0/79・リー族(海南島)0/11、コーラオ族(Dongna Li2010によればコーラオ族0/30、Shi,Hong2008によればコーラオ族0/14)、リス族0/99(Shi,Hong2008によればリス族0/50、Bo Wen2004によれば雲南省福貢県0/49)、ハニ族0/76(Shi,Hong2008によればハニ族0/42、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/34)、ラフ族0/106(Shi,Hong2008によればラフ族0/78、Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/15、Su,Bing2000bによれば雲南省0/13)、ジーヌオ族0/36(Bo Wen2004によれば雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州0/18、Su,Bing2000bによればジーヌオ族0/18)、Shi,Hong2008によれば中国国内のダウール族0/4・エヴェンキ0/31・トーロン族0/30・アチャン族0/40・マオナン族0/15・シェ族0/12・トーアン族0/45・ワ族0/31・プーラン族0/29、Bo Wen2004によればAini(雲南省シーサンパンナ・タイ族自治州のロロ・ビルマ語群)0/52、Su,Bing2000bによればカレン族0/19。Karafet1999によれば中国南部0/26・満州エヴェンキ0/41。 【東南アジア】 台湾の原住民(Tajima2004によれば台湾の原住民0/223、Trejaut2014によれば平野部の部族0/370・北部の山間原住民0/112・南部の山間原住民0/146・他の部族0/355、Dongna Li2010によればタイヤル族(台湾北部)0/24・パイワン族(台湾南東端)0/11)。 インドネシア0/336(Trejaut2014によればインドネシア0/246、Soon-Hee Kim2011によればジャワ島0/37、Karafet1999によればインドネシア0/53)。 フィリピン0/284(Trejaut2014によればフィリピン0/146・イヴァタン人 (バタン諸島)0/24、Soon-Hee Kim2011によればフィリピン人0/64、Tajima2004によればフィリピン0/50)。 マレーシア0/33(Dongna Li2010によればマレーシア0/13、Trejaut2014によればマレーシア0/8、Tajima2004によればマレーシア0/12) 。 【南アジア】 Gayden2007によればネパールの0%はタマン族0/45・ネワール族0/66・カトマンズ0/77。  Hammer2006によれば南アジア(インド+スリランカ)0/496。 Karafet1999によればインド人0/60。 【中央アジア】 Karafet1999によればカザフ0/22。 【オセアニア】 Karafet1999によればアボリジニ0/31・パプアニューギニア0/47・メラネシア0/55。 【北米】 ナバホ族0/86(Lell,Jeffrey T2001-2002によればナバホ族0/30、Karafet1999によればナバホ族0/56)、エスキモー(アラスカ0/4、イヌイット0/62)・タナナ川付近の先住民族0/12・Havasupai0/10・Pima people0/24(以上Karafet1999)。 【中米】 Kuna people0/15(パナマ、コロンビア。 Lell,Jeffrey T2001-2002によればKuna people0/3、Karafet1999によればKuna people0/12)、Boruca(コスタリカ)0/23・Guaymi(コスタリカパナマ)0/21・Bribri/Cabecar(コスタリカ)0/13(以上Lell,Jeffrey T2001-2002)、プエブロ0/18・Ngabe0/17・Embera people0/10・Embera-wounaan0/15・ミヘー0/12・ミシュテカ0/29(以上Karafet1999)。 【南米】 Karafet1999によればKaritiana people0/2・Paiter people0/3・チリ人0/3、Lell,Jeffrey T2001-2002によればyanomami(ブラジル北部とベネズエラ南部)0/30・Ye'kuana people(ベネズエラとブラジル)0/25・Kraho(ブラジル)0/7・Piaroa people(ベネズエラとコロンビア)0/6・Panoa(ペルー、ブラジル西部、ボリビア)0/4・Macushi people(ブラジル、ガイアナベネズエラ)0/5・Wapishana people (ガイアナ南部とブラジル北部)0/2